横浜でのエンジニア転職ならDODA

TOP > 横浜のエンジニア転職 > 横浜のITエンジニア転職にはDODAを利用しよう

横浜のITエンジニア転職にはDODAを利用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
みなとみらいの風景

日本全国にエンジニア求人を持つDODAエンジニアIT。関東では、東京にDODA本社があり、横浜にはDODA支店があるので横浜での転職がしやすい環境になっています。

では、実際のところどのような求人があるのでしょうか。また、その求人にはどのような傾向があるのでしょうか。チェックしてみましょう!

DODA横浜支店の詳しい場所はこちら→DODAエンジニアITの面接はどこでできる?面接場所を紹介

DODAエンジニアITに掲載されている横浜の求人は193件!

DODAエンジニアITに掲載されている横浜のエンジニア求人は、193件(2017年9月現在)です。都内に比べると求人数はガクンと落ちますが、公開求人だけでこの数の求人があれば十分に選択の余地はあるといえるでしょう。

検索方法に注意!選択肢では絞り込めない

DODAエンジニアIT、DODAの機能では、都道府県までしか勤務地を絞り込むことができません。

横浜まで範囲を縮めるには、まず勤務地で神奈川県を選択し、その後にフリーワードで横浜を検索します。

フリーワードで横浜とだけ検索すると、「視点が横浜にあるが実際の勤務地は別の場所」という求人までヒットしてしまうので注意です。

エージェントを利用して探してもらう

正直、DODAエンジニアITの公開求人から横浜勤務の求人を探すのは面倒くさいです。

そのため、早い段階で転職エージェントサービスを利用し、エージェントに探してもらうようにすると良いでしょう。

エージェントサービスを利用すれば、公開されている求人情報よりも深い情報も得ることが可能です。ずっと現地で働きたい、転勤が無い企業が良いなどの要望も伝えることができるでしょう。

地元愛の強い企業求人も!

DODAエンジニアITに掲載されているITエンジニア求人の中には、地元に愛されている企業の求人もあります。その代表的な企業が株式会社横浜DeNAベイスターズのSE求人でしょう。

試合日によって勤務時間などが変動するのユニークな会社。元プロ野球選手も所属する草野球チームがあったりと、野球が好きで横浜に住んでいるエンジニアにとってはとてもいい環境です。

横浜で募集しているエンジニア求人にはどのような傾向・特徴がある?

神奈川県で募集している求人にはどのような傾向や特徴があるのでしょうか。

都内勤務の可能性がある企業も多い

横浜にオフィスを持つ企業の多くは、東京に本社を置いている場合があります。そのため、最初は神奈川で働いていたけど途中で東京へ転勤…というケースも起こりがちなのです。

神奈川から東京までなら、通えないことは無いですし、引越しをする必要もありません。そのため、頼まれたら断りにくい…ということも起こりうるのです。

ずっと神奈川のオフィスで働きたい場合は、本社が神奈川にある企業を選ぶか、転勤無しと書かれている企業を選ぶようにしましょう。

製造業をサポートするエンジニアが多い

横浜・川崎あたりには工業地帯があるので、製造業に関わるITエンジニア職の求人が多くあります。求人をザッと見ていると、以下のようなジャンルがありました。

  • 自動車のサイバーセキュリティ開発
  • ゴム製造を技術サポートする業務
  • 生産管理システムの開発

組み込み系エンジニア転職をしたい人にとってはいい環境と言えるかもしれません。

大企業・グループ企業が多い

横浜にある企業の多くは大企業の支店、もしくはグループ企業です。

都内ですと、東京にしかオフィスを構えていないベンチャー企業の求人が多く揃っているのですが、神奈川ではそういうことでもなさそうです。

ある程度の規模感がある企業で働きたい、若手がバリバリ働いている企業は苦手という人に取っては適している土地と言えるでしょう。

狭い地域で求人を探すならエージェントサービスを使おう

神奈川以上に狭い地域で求人を探すのなら、自分で検索するよりもエージェントサービスを利用してしまったほうが手っ取り早いです。

転勤が無い企業も指定できる

サイト上で求人を見ていても、転職の有無が記載されていない場合があります。DODA専属のキャリアアドバイザー、採用プロジェクト担当なら企業の採用担当と直接繋がっているので、細かい部分の確認が可能です。

DODAで自宅から近い会社へ転職しよう!

DODAエンジニアITには全国のエンジニア求人があります。ITエンジニア転職を強みにしている転職エージェントは都内の転職に限ったサービスの場合も多いため、全国どこでも使えるDODAは非常に魅力的です。

プライベートの時間を増やすには、①拘束時間を減らす②通勤時間を減らすこの2点どちらか、もしくはどちらもが必要です。転職をきっかけに、この2つのポイントを抑え自分の時間を増やしてみてはいかがですか?


DODAエンジニアITのサービスをもっと知る→【DODAエンジニアITの詳細】

関連する他の記事

リクナビNEXTで職務経歴書を書こう
初めて職務経歴書を書く人が一番大切な作業はキャリアを書くことになります。まずは自分のキャリアを整理…
マイナビエージェントITでの実際の面談フローを公開
新卒就活活動と転職活動は同じものだと考えてはいけません。今回はITエンジニア転職をする際に、よく使わ…
レバテックキャリアはなぜ無料?転職エージェントの仕組みを暴露
レバテックキャリアが無料で利用できるのはなぜ?転職エージェントはどのように成り立っているのかを紹介…
SIer業界のエンジニア求人の今後の動向と求められる経験
昨今、再び盛り上がりを見せ始めているSIerエンジニア求人。なぜ、いまSIerエンジニアが求められているの…
pagetop