社内SEに転職する際に有利な資格を紹介

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > 社内SEへの転職なら!絶対に持っておきたい資格はコレだ

社内SEへの転職なら!絶対に持っておきたい資格はコレだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
会議室の写真

社内SEは他のIT業界の職種と比べても残業時間が少ないなど、労働環境が安定しており、仕事内容もより幅広い業務に関わることができます。

そのため、IT業界の中でも人気が高く、転職の際も競争率は比較的高いです。

今回は社内SEに転職する際に資格は必要なのか、どんな能力が必要なのかを解説していきます。

社内SEの転職に資格は必要なのか?

社内SEは企業のシステム管理などを任される職種ですが、会社によってさまざまな業務があるのですべてを一概に言えるわけではありません。

ですので社内SEには、この資格があれば転職できるという便利なものはありません。

ただ、特定の能力を身につけることによって転職の際に有利になることは確かです。

そういう意味では社内SEには資格が必要と言えます。

実務経験が重要視される

社内SEへの転職で有利になるためには、実務経験も重要です。

そもそもIT業界は実力重視の業界ですので、前職ではどんなことをしていたのか、どんな実績があるのかといったものをアピールできなければなりません。

実務経験が不足している人は積極的に資格などのスキルを取得しなければなりませんし、すでに実務経験がある人はそこまで取得しなくても重要なものを抑えておけば大丈夫です。

社内SEに転職する際に有利な資格はどんなものがある?

社内SEに転職するときに有利になる資格はいくつかありますが、その中でも特に重要なものをいくつか紹介します。

スキルを身につける余裕があまりない方でしたら、これから紹介するものを取得しましょう。

プロジェクトの企画と管理に必要なプロジェクトマネージャー試験

社内SEは、他部署や他企業とともにプロジェクトを進行することが多いです。

そのため、進捗管理や、リスクヘッジといったプロジェクトを俯瞰的な目で見る必要があります。

また、プロジェクトマネージャー試験を持っている人は求人に比べて少ないです。

プロジェクトマネージャー試験を持っていれば、プロジェクトを管理するためのスキルが備わっている即戦力と判断されるので転職でも有利になります。

IT業界全般に通用する情報技術者試験

情報技術者試験はIT業界全般の職種への転職に役に立つ資格です。

12種に分かれており、取得するためにはIT知識全般を網羅的に理解していなければなりません。レベル1はITパスポートとなっており、高校生レベルでも取得できる内容になっています。

転職の際は、レベル3の応用情報技術者試験を持っておけば有利になります。

国家資格は持っているか持っていないかで信頼性が変わるので、社内SEへの転職のしやすさは大きく異なります。

また、持っているほうが実際に働き始めたときに社内SEとして重宝されます。

実力のアピールができるベンダー系

ベンダー系の資格は、特定の企業が実施する試験です。

マイクロソフトやオラクルなどの大手IT企業が取り仕切っているので、保有していれば世界的にみても高い評価を得られます。

特にマイクロソフトは多くの企業で採用されているので、マイクロソフト系のベンダー系のスキルを持っていれば多くの企業で評価されます。

ベンダー系の資格は受験費用が高く、製品のヴァージョンアップによって取り直さなければならないので気軽に取得できません。

転職の際もあらかじめ求人している企業のソフトウェアを事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

IT関連以外の社内SEに必要な能力は?

社内SEに転職する際に有利になる資格や能力は、IT関係のもの以外にもあります。

ここでは情報系のスキルと一緒に取得しておくと便利なIT以外の関係以外のスキルを2つ紹介します。

業務に必要不可欠なコミュニケーション能力

社内SEは企業において他事業や他企業と協力してプロジェクトを進めなければなりません。

そのため、業務をスムーズに進めるためにもコミュニケーション能力を持っていなければなりません。

コミュニケーション能力といっても漠然としており、アイールする方法は難しいですが、前職でどういう社内関係を築いていたか、どういう交友関係があるかなどを質問される場合もあるので注意しましょう。

キャリアアップに便利な各種ビジネス資格

社内SEへの転職の際は、IT関係の専門知識以外にも簿記やTOEICといった一般的なビジネススキルも必要になります。

TOIECや簿記の資格は、システムエンジニアでなくても昇給や給与に影響されるものですので、持っていればより多くの選択肢ができますし、キャリアアップという点でみても取得しておいて損はないスキルです。

社内SEへの転職で有利になるためには幅広い資格と実務経験が必要

社内SEへの転職で有利になるためには、今回紹介した情報技術者試験や、プロジェクトマネージャー検定、ベンダー系の資格を取得しておけばいいでしょう。

また、それ以外にもコミュニケーション能力や一般的なビジネススキル、そしてなにより実務経験が必要です。

求人によっては競争率も非常に高いので、転職を有利に進めるためにもアピールできるポイントはいくつも準備しておきましょう。

関連する他の記事

DODAは本当に第二新卒におすすめ?その理由を徹底調査!
第二新卒として転職を考えている人は、どうやって転職をしようかと考えている人が多いのではないでしょう…
SIerから脱出する!SEから別業種への転職裏事情
終わらないデスマーチ、無理難題を押し付ける顧客、マネジメントのできない上司…。そんなSIerでの仕事に…
DODAエンジニアがベスト?ものづくり系エンジニアへの転職
DODAエンジニアITとDODAエンジニアモノづくりの違いを解説。自分に合った転職エージェントを利用すること…
社内SEに転職するなら!実際の求人情報から見る必要なスキル3つ
社内SEに転職するならこのスキルが必須!技術的スキル3つと社内SEに必要な人間的なスキルを、実際の求人…
pagetop