SEの求人はどんな地域に多いのか

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > SEの求人はどこに多い?転職がアツい地域を調査

SEの求人はどこに多い?転職がアツい地域を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本列島のイラスト

今、急速に成長を続けているIT業界。IT人材の需要は年々増えており、新卒や中途採用でもたくさんの求人が出ています。

IT業界の職種にはさまざまなものがあります。プログラマー、システムエンジニア、ITコンサルタント、webディレクター……。多様な働き方ができる業界なので、IT業界に転職したいという人も少なくないでしょう。

今回はそんなIT業界の中でも、SE(システムエンジニア)の転職についてご紹介していきます。

今回注目するのはSEの求人が集まる地域について。いまやIT企業は全国各地にありますが、その中でSEを募集している企業はどういった地域に多いのでしょうか。

仕事を変えるにしても、勤務地はよく検討したいポイントの一つですよね。システム開発という専門性の高いシステムエンジニアはどんな地域に求人が多く、どんな働き方ができるのか、わかりやすくご説明するのでぜひ参考にしてください。

SEの求人が多い地域

それでは、SEの求人が多い地域について見ていきましょう。

転職を考える際、勤務地も重要な要素の一つとなります。自分がどこでどんなふうに働きたいのか、考えるきっかけにしてください。

SEの求人は関東に集中している!

IT企業は全国にありますが、その中でもSEを募集している企業は関東に集中しています。

全国の技術者求人の約半数の勤務地が関東圏、さらにその大半を東京が占めているのです。

東京はあらゆる企業がオフィスを構える地域なので、企業を相手に事業を展開するIT企業も必然的に関東、特に東京へ集中するのでしょう。

業務内容もさまざまで、業務系のアプリケーションシステム開発やインフラ構築、webアプリやソーシャルゲームの展開など企業によって大きく異なります。

関東、特に東京での転職を希望している方は、豊富な選択肢があると考えてください。

地方では東海・関西

SEの求人は、関東以外では東海や関西にも多く見受けられます。

東海地方で特に求人が多いのは愛知県。大手メーカーが集まっているため、生産管理や販売管理のシステム、製品の組込系ソフトウェアの開発を担っている企業が多いです。

関西で特にSEの求人が多いのは大阪です。さまざまな業種の大手企業からシステム開発を請け負う企業が多く、その業務内容はバラエティに富んでいます。

やはり多くの企業が集まる都市部にIT企業は集中しているのです。

実際の勤務地はさまざま

ただし、求人に掲載されている勤務地が東京をはじめとする都市部だったからといって、そのまま都市部地域へ勤務することになるとは限りません。取引先や案件の内容によって、さまざまな地域の企業へ配属される可能性があります。

IT業界へ就職する以上、ある程度の技術を身につけると顧客先で開発に取り組む場合が大半なので、勤務地が流動的になることは考えておきましょう。

勤務地や配属先については求人情報に掲載されているものをしっかりと確認しておくことが必要です。もし情報が少ない場合は、転職サイトのエージェントサービスを利用するのも手です。

地域別の年収について

SEの求人は都市部に集中しているとご紹介しましたが、それでは実際に就職した場合、どれぐらいの収入を得られるのか、地域によってどれぐらい異なるのかは気になるポイントだと思います。

東京勤務の年収は断トツの一位

IT業界は比較的給与の高い業界です。中でもSEは、専門的な知識と技術が必要なため他の職種と比べても収入の多い仕事だといえるでしょう。

中でも東京は、全国のエンジニアの年収で断トツの一位を誇ります。企業や資格、経験によって異なりますが20代後半から30代前半で30万円前後もらえるところが多いです。保有資格やスキルによっては40万円近く支払われる企業もあります。

地方の都市部も水準は高め

先ほど挙げた愛知や大阪も、エンジニアの年収は全国の中でトップ5に入ります。

経歴によっては東京と同じレベルの給与をもらえるところもあるので、地方だから安い賃金は仕方ない……と初めから諦めることはありません。

転職する際、給与も企業選びの大事なポイント。妥協せず、自分が納得できる職場を選びましょう。

勤務時間と気になる残業

SEへの転職を考えた際、もう一つ気になるのが残業時間。よくブラックと叫ばれるIT業界、特にSEやプログラマーなどの技術者は労働環境がよくないと噂されます。

働く地域によって、労働環境に差はあるのでしょうか。

地域によって差はない!

IT業界は忙しいというイメージがありますが、地域によってその差が大きいということはありません。

昨今は全国的に労働環境の改善が叫ばれているので、地域によらず定時退社、有休取得、完全週休二日などの実現が進められています。

ブラックばかりではない!

激務でブラックというネガティブなイメージが先行するSE職ですが、その残業時間は企業によって千差万別です。

残業は月10~20時間ほどで定時退社できる日の方が多い、そんな企業も決して少なくはないのです。

これは何も都市部に限った話ではなく、全国的に問題視されていることなので、地方で人がいないからきっとブラック、なんて不安になる心配はありません。

求人情報には残業代の支払われ方や残業時間についても記載されているので、気になる部分はよく確認しておきましょう。よくわからない時は転職サイトのエージェントを上手に活用してください。

SEへの転職は事前リサーチが大事

さまざまな企業が混在するIT業界、SEとひとくちで言ってもたくさんの選択肢があり、いざ転職しようと思ってもどう活動を進めていけばいいか迷ってしまう人も少なくないでしょう。

まずは情報を集め、自分がどんな働き方をしたいのか見極めることが大切。しっかりとリサーチしたうえで、理想の転職を目指しましょう。

関連する他の記事

SE辛い!そう感じた人が壊れてしまう前に取るべき行動
SE職が辛くて心を病んでしまう人はたくさんいます。そうならないように、辛いと感じたら早めに次の行動に…
2018年東京23区で募集しているITエンジニアの転職求人情報の傾向
東京23区で出ているITエンジニアの募集傾向について。23区で転職するならどのような企業が良いのでしょう…
転職するならDODAのレジュメビルダーは見逃せない!
転職したいけれど、履歴書を作るのが苦手という方へ。DODAのレジュメビルダーを使えば簡単に企業に評価さ…
DODAで外資系ITエンジニア転職はできるのか?
フレックスタイム制など自分の裁量で仕事を進められる外資系企業。今のスキルを活かしつつも、悪い意味で…
pagetop