SEから他職種への転職

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > SEに嫌気がさした!他職種に転職したい人が気をつけること

SEに嫌気がさした!他職種に転職したい人が気をつけること

このエントリーをはてなブックマークに追加
夕日に向かってジャンプする人の影

SE職からの転職を考える人はたくさんいます。環境や給料にとどまらず、「SEという職自体に嫌気がさしてしまった」という人は、今後のキャリアのためにも異職種への転職も視野に入れましょう。

今回は、そんなSEのために他職種転職について詳しく紹介します。

こんな環境にいるSEは他職種への転職を!

SE達を悩ますITゼネコンという構造。下請けありきのピラミッド。ピラミッドの頂点に位置する大手ITベンダーが管理の仕事を行い、その下の下請け、孫請け、フリーのSEが簡単なプログラミングなどの仕事を行っています。

今のSE職ではスキルアップ・キャリアアップができない

現状、この業界では「SEとしての技術を磨きたい!」と思っていても業務内容がレベルアップに相応しいものではなく、それ故にSEたちのモチベーションも続かなくなっています。

今のSEの仕事をいくら続けても自身のレベルアップに繋がらないと考えている方は多いと思います。この業界の構造がこれから先も続くとは限りませんし、もし崩壊したときに失業の危機となるのは下請けなどのSEたちです。

このように、将来に不安を抱え、仕事内容も満足していないSEの人達は多くいます。あなたがもし同じような気持ちでいるのなら他職種へ転職を検討してみましょう。

SEが得する転職先とは?他職種だと年収はダウンするのか

SEから他職種への転職は、どのような点に気をつけなければいけないのでしょうか。また、どのような職種ならばSEのスキルを活かして上手くやっていけるのでしょうか。

完全な異業種は損しかしない

SEの業界を辞め全く別の業種に就こうと考えている人がいるかもしれませんが、全く新しい業種に就こうとする行為はリスクが高いです。

まず、未経験の中途採用をしてくれる企業が少ないという点が挙げられます。つまり、転職したくてもそもそも転職先がないということです。

もし、採用してもらえるとしてもその会社は常に人手不足が深刻な企業、つまりブラック企業である可能性が高いと言えます。

未経験OKが多いのはフードや小売などの販売系

また、ブラック企業でなくても未経験の人を雇うということは、業務内容が誰でもできるようになるレベルで簡単である可能性が高いです。

そのような業務内容の場合、スキルアップをすることや華々しいキャリアパスを組み立てるのは難しいでしょう。もちろん、未経験での採用なので(よっぽど激務の職場でない限り)給料は新卒レベル。現在の年収よりも収入が少なくなるでしょう。

経験を活かせるIT業界内での転職がオススメ

新しい職は完全な異業種よりは同業種の他職種を選ぶことをオススメします。なぜなら、異業種への転職より同業種の他職種の方が、転職成功しやすいからです。

IT業界なら他職種未経験者が歓迎される

転職を希望している方の中にはIT業界に嫌気がさしたという方もいらっしゃるでしょう。しかし、先程も挙げた通り異業種への転職リスクの高さを考えると同業種の他職種へ移る方が圧倒的にオススメです。

現在、ITエンジニア業界は人手不足。未経験OK!という求人を出すほど、人手に困っています。ある程度の知識・スキルを持っていることが証明される元SEは、どのエンジニア職種でも喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

IT業界に嫌気が指したなら同職種・他業界に転職しよう

もしも、「IT業界特有の環境が辛い…エンジニア軍団の中で働くのが辛い…」と業界自体に嫌気がさしているのならば、同じSE職でも異業種へ転職することをオススメします。

中でもオススメなのは社内SE職。美容院や病院など、IT業界とは遠い環境で働くことができます。

よほど大きい会社でなければ、社内で自身と同じようにSEとして働いている人は1人か2人しかいない可能性もあります。競争とは無縁の世界で働くことができるのです。

一方で、他のエンジニアがいないということは自分自身で情報を収集していかなければなりません。定期的にエンジニアが集まる勉強会に顔を出すなどの努力も必要な職です。

他職種転職にはリスクがある!必ず相談をしてから活動しよう

転職は人生の1大イベントです。そのため失敗する可能性も0ではありません。SEを辞めたいと考えてはいても、このリスクが不安要素となり結局ダラダラと今の仕事を続けている方は多いでしょう。

今の仕事にそのまま残っていたほうが良いのか、他職種に移った方が良いのか悩んでいる方は多いですが、未来のことなのでSEを辞めたらどうなるのかは分かりません。

分からないものを悩み続けてもしようがありません。まずは自分の気持ちを見つめ直し、他人に相談してみましょう。

もしも周りに転職経験者や相談できる人がいないようなら、転職のプロである転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。

関連する他の記事

DODAエンジニアITで内定辞退はできる?波風立てない伝え方
DODAエンジニアITの紹介で手に入れた内定。内定辞退はできるのか?気まずくない?タイミングは?そんな疑…
DODAエンジニアITのキャリアカウンセリングを有効活用するには
DODAエンジニアITのキャリアカウンセリングを利用しようか迷っている人もいると思います。そこでキャリア…
Rubyエンジニアの年収は?言語別の年収を紹介!
Rubyが使える人のIT企業への授業は今非常に高まっています。今回はRubyエンジニアの年収はどれくらいなの…
電気・電子業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
私たちの身近にある電気・電子分野では、さまざまなエンジニアを求めています。特に、電子回路を開発する…
pagetop