SEの研修が辛いって本当?乗り越えれば一生分のスキルが身につく!

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > SEの研修が辛いって本当?乗り越えれば一生分のスキルが身につく!

SEの研修が辛いって本当?乗り越えれば一生分のスキルが身につく!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEの研修が辛いと思ってる方、意外と多いんじゃないでしょうか。

研修内容は企業によって異なるため、自分に合った会社選びが非常に大切です。

自分に合った会社を選ぶことで、辛いと感じる研修を受けることなくSEとしてのスキルを身に着けることが可能になります。

ここではSEの研修が辛いという誤解を解くために、SEの研修内容とSEの需要について詳しく解説していきます。

研修を乗り越えることで一生分のスキルを身に着けることができます。

SEの研修が辛いって本当?乗り越えれば一生分のスキルが身につく!

近年ではIT技術が進歩したことで、各企業がIT技術を必要としているは皆さんもご存知ではないでしょうか。

急激にIT技術が発展している一方でIT技術者の人材不足は問題視されています。

IT技術者の中でも特に需要がある職種がSEです。皆さんの中にもSEという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

「SEになりたいけど研修が辛いから乗り越える自信もないし」と諦めてしまう方も多いはず。

SEの研修は全て辛いというわけではありません。研修は企業によって様々です。

自分に合った職場を見つけることで無理なく研修を終えてSEとして活躍することができます!

ここではSEの研修を辛いと考えている方に向けてその誤解を解いていきましょう。

そもそもSEとは?

SEについて皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

毎日パソコンと向き合っているイメージの方も多いのでは。

SEの業務は働く企業によって様々ですが、主な業務内容としてはシステムの設計になります。

SEとして求められるスキルは2つです。

一つはシステムの設計を行う上で必要なパソコンのスキルになります。

二つ目はシステムの設計を行う上で必要なクライアントとのコミュニケーション能力ですね。

当然、パソコンのスキルが無ければクライアントとのコミュニケーションが上手くいきませんよね。そのため、入社して間もない新人SEには研修を行っている企業がほとんどです。

研修を乗り越えることでSEとして現場で活躍することができます!

SEの研修は本当に辛いの?

SEの研修が辛いということを耳にした方も多いのではないでしょうか?

SEの研修内容は企業によって様々です。自分がどんなSEになりたいかということによって選ぶ会社も異なりますよね。

SEは技術職なので求められるスキルは高いです。しかし誰しもが最初からSEとしてのスキルを持っているわけではありません。

現役でSEとして活躍している方のほとんどの方が、入社後に研修を受けてスキルを習得しています。つまり未経験の方でもSEになることが可能です。

「今までパソコンなんか使ったこともないし不安だなぁ。」と思う方でも研修ではパソコンの基礎知識から学べるため、心配いりません。

不安な点や疑問点は研修中に解決できます。

SEの研修内容は主に3つ

SEの研修は会社によって様々です。

ここでは主に以下の3つの研修内容について解説します!

  • ビジネスマナー研修
  • パソコンの基礎スキル
  • プログラミングスキル

SEはクライアントとのコミュニケーションが必要なため、ビジネスマナーも研修を通じて学びます。

そのほかにSEとして必要なパソコンの基礎知識からプログラミングスキルまでを学ぶことになります。

それでは研修内容について詳しく解説していきましょう!

①ビジネスマナー研修

SEはクライアントとの挨拶に行くことやプロジェクトの打ち合わせに同行することもあります。

社会人である以上、ビジネスマナーは必要不可欠ですよね。

研修では挨拶や名刺の渡し方などのビジネスマナーを学ぶことができます。

②パソコンの基礎スキル

SEに必要なスキルがパソコンのスキルです。

パソコンの基礎的な知識を深めることでSEの業務に役立てることができます。基礎ができなければ応用もできませんよね。

研修ではパソコン初心者の方でも一から学ぶことができます。

これまでパソコンを触れたことが無い方でも、研修を通じて基礎スキルを身に着けることが可能です。

③プログラミングスキル

SEとして活躍する上で必須のスキルがプログラミングスキルです。

プログラミングスキルを習得することで様々なサービスを作ることができます。

お客様が望むサービスを作り出すためのスキルといったところですね。

研修でプログラミングスキルを身に着けておけば自信を持って現場に出ることができます。

研修で身に着けたスキルは一生使える!

研修で身に着けたスキルは一生使えます。

IT業界は人材が不足しているため、SEとしてのスキルを身に着けておけば仕事に困るということもありません。

研修が辛いと思う方も多いでよね。そのような方は自分に合った会社を選ぶことで無理なく研修を終えることができます。

まとめ

SEの研修を辛いと思う方も多いのではないでしょうか。

自分に合った会社を選ぶことができれば、辛い研修を受けることはありません。

辛い研修を受けないためにも様々な会社を比較・検討して自分に合った会社を選びましょう!

関連する他の記事

ITコンサルタントへの転職を有利にする資格4選
ITコンサルタントへの転職を考える時、持っておくと便利な資格を紹介。キャリアアップの為に転職するなら…
アプリケーションエンジニアに使われているプログラミング言語とは
アプリケーションエンジニアに必要な言語とは?転職に役立つアプリケーションエンジニアのための言語の情…
SEに嫌気がさした!他職種に転職したい人が気をつけること
SEという職種自体が嫌になってしまって他職種への転職を考える人は少なくありません。SEから他職種へ転職…
ゲームプログラマーのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を
ゲームプログラマーのキャリアパスについて詳しく紹介。ゲームプログラマーへの転職を考えているエンジニ…
pagetop