プロジェクトマネージャーの転職・求人情報と基本的な仕事内容

TOP > プロジェクトマネージャーの転職 > 30代までのプロジェクトマネージャーの転職時に役立つ求人情報

30代までのプロジェクトマネージャーの転職時に役立つ求人情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動をするプロジェクトマネージャー

ソフト開発などのプロジェクト全体を統括するプロジェクトマネージャーは、ITエンジニア職の一つの通過点としてキャリアアップ転職を狙う人も多くいます。

プロジェクトマネージャーとして年収を上げたりキャリアアップを考えている人は、まずはプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか、転職・求人に役立つ情報を見ていきましょう。

プロジェクトマネージャーに求められることと基本的な仕事内容

プロジェクトマネージャーは、システム構築プロジェクトにおいて総責任を負う管理者になります。

プロジェクトマネージャーの基本的な仕事内容

システム構築作業の商談・企画から本稼働までを担当して、予定通りの本稼働を迎えることを前提に舵取りを行うポジションになります。

この役割は、進捗管理・予算管理・要員管理など開発資源を有効に活用して高い成果のシステムを構築することが求められますが、プロジェクトを阻害するリスク管理にも対処しなければなりません。

リスクとなる案件が予定を大きく狂わせることがあるので、プロジェクトマネージャーの早急な対処が求められるものであり、その決断を下せる人がプロジェクトマネージャーに相応しいと言えます。予定通りのスケジュールで、利益を上げることができるプロジェクトマネージャーが求められています。

システム構築プロジェクトでの役割

システム構築プロジェクトは、大規模案件から小規模案件までありますが、大規模案件では、プロジェクトマネージャー・サブマネージャーが中心となってプロジェクトを推進していくことになります。手腕次第で、多くの人が動くので原価や進捗と言う部分にも大きな影響を与えるため、広角的な視野が求められます。

また、小規模なプロジェクトにおいては、費用や要員面で余裕がないことが多く、手戻りや予定と差異が出ると容易に赤字プロジェクトになるので高いスキルが求められます。

これ以外でも、お客様の特性や体質、協力会社選定・連携などプロジェクトを進める上で人をまとめる能力も必要です。

求人情報からみるプロジェクトマネージャーに求められる人物像

プロジェクトマネージャーはSEを束ねる立場にいるため、SE作業の経験豊富な人が求められます。

転職サイトに掲載されているシステム構築プロジェクトに関する求人では、作業実績や深いスキルを有することで会話や解決策が導き出されるためSE経験が重要になります。

そのため、SE作業を経験していないとすべてに精通するプロジェクトマネージャーは務まらないと言えます。

業務やメンバーの管理も重要な仕事

進捗管理・要員管理・要員管理は、SE作業の体験をベースに行うことで、プロジェクト開始時点でリスクが顕著となり計画的に対処ができます。

それができないとプロジェクトが進行している段階で発覚したリスクは、大きな損失となるので、プロジェクトに与えるダメージが大きくなることになります。

プロジェクトマネージャー転職を成功させるために、どのような人物が求められるのかを知る必要があります。こちらでは、プロジェクトマネージャーの仕事内容や必要となるスキルを解説します。

プロジェクトマネージャーの管理職としての仕事

プロジェクトマネージャーは非常に重い役割を担う仕事です。プロジェクトマネージャーに求められるスキルや能力を知ることで、これからすべきことが見えてくるでしょう。

プロジェクトマネージャーは管理の仕事がメイン

プロジェクトマネージャーは、システム構築プロジェクト全体を総括する管理者として進捗管理・予算管理・要員管理・リスク管理を行います。

決められた資源で、約束した納期に本稼働が迎えられるようにシステムを構築することが求められます。大規模プロジェクトでは、プロジェクトサブマネージャーが現場を管理することになりますが、小規模プロジェクトでは、実作業も兼務することもあり、実作業面と管理面と言う立場で対応できる能力が求められます。

プロジェクトを行う上で進捗管理・予算管理・要員管理は、経験をもとに予定を立てることができますが、リスクに関する対応力がプロジェクトマネージャーで重要な仕事となります。

プロジェクトの顔としての対応が必要!

プロジェクトの状況や工程にも寄りますが、プロジェクトマネージャー専任であれば実作業を行っていないため、多くの残業をすることは少ないと言えます。各工程での完了イベントや本稼働時期は忙しくなります。

また、問題が発生した際は、お客様先で詰めて作業を実施することになり残業時間は多くなると言えます。

経験者としてのプロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは、管理能力は必要ですがシステム構築作業におけるSE作業経験も必要となります。

管理だけでなく技術的知識も当然求められる

問題・課題となっている案件を理解するには、現場の意見をヒアリングする必要がありますが、SEやプログラマー、インフラ担当と会話ができる程度の知識が求められます。全体の総括する立場では、状況を把握してお客様に説明することも必要なためSE作業の経験が必要です。

リスク管理能力は身につけておくべき

プロジェクトマネージャーには、リスクを管理する能力が求められます。このリスクとなる案件は、

プロジェクト固有の問題であることが多く早急の解決が必要となります。この対応は限られた資源(予算、期間、要員)の範囲で対処することになり、プロジェクトマネージャーの能力がプロジェクトに大きく影響を与える対応でもあります。

プロジェクトマネージャーは、多くの方と接して作業を行うことになります。このため、コミュニケーション力が高く、活発な連携ができることが求められます。このコミュニケーションが成果になって現れることにもなるので、コミュニケーション能力が高いプロジェクトマネージャーが求められます。

プロジェクトマネージャーとして持っておくと良い資格は?

プロジェクトマネージャー向けの資格は、プロジェクトマネージャー試験(情報処理試験)とPMBOK(プロジェクトマネジメント協会)があります。この資格は、プロジェクトマネージメントの良し悪しの試験ではないので、この資格を保有していることと良いマネージメントができる事とは別であることを理解しておくことが必要です。

まとめ

プロジェクトマネージャーは、SEを経験しているといつかは経験したいポジションと言えます。

一概にプロジェクトマネージャーの業務を見てもプロジェクトの規模や特性によって異なるものになりますが、プロジェクトをまとめてお客様の本稼働を無事に迎えることは達成感があります。今後プロジェクトマネージャーとしてステップアップしたい方は、日々のSE作業やアプリケーション開発、インフラ作業など着実にこなしてください。

定期的にプロジェクト全体や収益に関しても関心を持ってプロジェクトを見渡すことで、今後のプロジェクトマネージャー業務を推進する際に役に立つことになります。

関連する他の記事

dodaは本当に中途の転職におすすめ?タイプ別おすすめ転職サービスを紹介!
「今から転職をしたいけど、この年齢で転職はできるのか?」「dodaって中途の転職には使えるの?」今回は…
インフラエンジニアが転職後に活躍出来る業種・業界を徹底調査
インフラエンジニアは、景気に左右されない業種である一方で、多忙で評価されにくくもあります。もし転職…
プログラマーがこれから転職する時に抑えておきたい求人情報まとめ
転職を考える際には、情報を様々なところから収集することが大切です。プログラマーの転職においてもそれ…
ゲーム業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
世界に誇れる日本のゲーム産業。製品であるゲームは、たくさんのエンジニアたちが生み出しています。そこ…
pagetop