プロジェクトマネージャーはどの様な業種・業界から転職できるか

TOP > プロジェクトマネージャーの転職 > プロジェクトマネージャーは異業種・業界でも転職できる?

プロジェクトマネージャーは異業種・業界でも転職できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイピングする女性

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの計画、実行において責任を持つ職務です。

顧客と連携し、エンジニアのチームを統括しながら、ニーズに応えた製品を提供していきます。

IT分野に関する幅広い知識が必要となる為、SE経験の長い人が就任するのが一般的ですが、中には異業種からの転職組もいます。

どんな人がプロジェクトマネージャーに採用される傾向にあるのでしょうか。

同業種・業界と異業種・業界それぞれの事例を紹介します。

プロジェクトマネージャーへの転職はアプローチを決める事が大切

プロジェクトマネージャーは、異業種・業界の会社では課長、係長クラスにあたるので、簡単に転職できるわけではありません。

前々から準備を行って来たライバルも大勢いるので、自分なりのアプローチの仕方を決める事が大切です。

例えば、他社のSEであったのなら、前の会社と似た案件を受け持っている所を重点的に受けたり、Python、C++といった、今需要のある言語を使いこなせるようになったりといった工夫が必要です。

プロジェクトマネージャ試験もアピールに使える

この試験は、情報処理推進機構が行っている、プロジェクトマネージャーに必要な能力、知識を問う試験です。

ある案件に対して、どう提案していくか、システム化、プロジェクトの確立はどう行うかといった実践的な問題が問われます。

この試験で高得点を採る事はアピールに繋がります。

異業種・業界からプロジェクトマネージャーへの転職はそれほど多くはない

プロジェクトマネージャーの求人は、制御系、業務系システム開発の経験者など、実務経験が条件に設定されている場合が殆どです。

中には、「未経験のPM候補募集!!」といった異業種・業界の人向け求人広告もありますが、本当に優先的にプロジェクトマネージャーになれるのか、普通のSEとして採用されるのかは入ってみないと分からない部分があります。

未経験採用も狭き門

他の業種・業界からの未経験者採用を実施している企業もありますが、準備が不要というわけではありません。

この職種は、リーダーシップやコミュニケーション力が求められるので、これらを兼ね備えた人材を未経験者から募集しているのは確かです。

しかし、未経験者の中にもJavaや基本情報処理などの能力、資格を独学で学んでいる方は多くいます。

こうした方がライバルになる事を想定して、準備を行いましょう。

同業種・業界からプロジェクトマネージャーへ転職するには実務経験が必要

他社のSEやプロジェクトマネージャーといった同業種・業界が応募する際には、実務経験を優先的に見られます。

顧客や他社との窓口になる事も多いので、まず経験から裏打ちされた知識を持っていなければ会社全体に支障をきたします。

加えて、社内SEを束ねる役割もあるので、彼らにもアピール出来る成果を出している方が、リーダーとして慕われやすいです。

既にプロジェクトマネージャーの場合も年収アップ

プロジェクトマネージャーを募集している多くの企業は、他社で既にプロジェクトマネージャーとして働いていた人を優遇して採用します。

業務に必要な、リーダーシップとプログラミング能力を兼ね備えた人材は経験者以外まれだというのが、大きな理由です。

募集企業は、希望の他社プロジェクトマネージャーに優秀さに応じた年収モデルを提示していますが、未経験者と経験者では、おおよそ300~500万円ほどの差を出しています。

中には、こうした転職を繰り返した結果、若くして年1000万円以上もらっている方もいます。

SEから転職を成功させるには分野を絞る

プロジェクトマネージャー間はある程度容易な印象も受けますが、SEからプロジェクトマネージャー職を受けるとなると、難易度は一気に増します。

実務経験を出来る一方で、会社ごとに扱う案件がバラバラなので、複数のプロジェクトを浅く広く抱えているというSEが多いです。

こうした人材は、ITの知識やスキルを評価されにくい傾向があるので、同業種・業界でも転職が成功しにくいです。

今いる会社でプロジェクトマネージャーを目指し、ある程度経験を積んだ後の方が成功しやすいです。

キャリアアップを目指すなら確実に通りたい役職です

プロジェクトマネージャーは、リーダーシップ、コミュニケーション力の他に、IT知識、スキルなども求められる職種です。

厳しい職種ではありますが、給与面、待遇面ではSEよりもかなり優遇されますし、更に上の出世も見据えられます。

採用企業側としても、SEの募集とは違い、いずれは幹部や役員になる事を見越して、人材選びを行います。

それ故、SEの場合とは違い、会社を背負う責任を持って仕事をするようになります。

こうした背景から、再び転職はしづらくなるので、待遇、年収だけでなく、将来性や人間関係も含めた慎重な会社えらびを行いましょう。

関連する他の記事

35歳◯◯説は古い?2017年最新のプログラマー転職年齢事情
プログラマーが転職できる限界の年齢とは?2017年上半期の最新データとともに転職成功者の年齢を紹介!ま…
美人が多い?レバテックキャリアのキャリアアドバイザーを調査
転職エージェントのレバテックキャリアには美人が多い?ネット上で話題の「レバテックキャリア 美人」説…
働きながら転職するなら土日も利用できるレバテックキャリア
働きながら転職活動をするなら、土日も利用できるレバテックキャリアがおすすめです。この記事では、働き…
プロジェクトマネージャーの年収公開!転職でキャリアアップ
IT業界においてプログラマーやシステムエンジニアとして働いている方にとって上位職にあたるプロジェクト…
pagetop