プログラマー向けの在宅案件がある転職エージェントを紹介

TOP > プログラマーの転職 > 在宅プログラマーがよい案件を取るのに必要なスキルとは?

在宅プログラマーがよい案件を取るのに必要なスキルとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日朝早くから、満員電車に乗り会社に行くのは大変です。しかし、プログラマーであればパソコンと自分にスキルがあれば仕事をすることができます。

最近では働き方改革が進んで在宅勤務OKな企業も増えてきています。

ここでは在宅プログラマーの働き方や必要なスキルから在宅勤務がOKな転職先の案件を多く紹介している案件紹介サイトを紹介します。

在宅勤務に必要なスキルは3つ!

さっそく、在宅勤務をするのに全ての案件に求められるスキルを紹介していきます!

信頼を得るためのセルフマネジメント力

在宅で働くということは自己管理がとても大切です。その中でも特に、時間管理・責任感、トラブル時の対応力などが必要です。

また、在宅だからといって体調管理が疎かになりがちなので、オンとオフといったメリハリをつけて仕事をすることが大切です。

しっかりセルフマネジメントをすることにより、企業やクライアントの信頼を得ることでよい案件に関わることができます。

スキルアップするため、自分でモチベーションを維持する力

在宅勤務だと社内で研修を行っていても参加することができないので、自分でスキルアップをし続けなくてはいけません。

積極的に新しい技術や時代のニーズにあったものを学び続けて、好条件の仕事で活躍したいというモチベーションが大事です。

在宅だからこそ重要なコミュニケーション能力

在宅は1人で作業をすることがほとんどです。周りには、チームメンバーがいないため自ら積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。特に、在宅で勤務をする場合はメールやチャットツールでのやりとりが多いので、こまめに進捗状況を報告するなど、普段自分の行っている作業が相手に見えにくいため、よりいっそう気を配るようにした方がよいでしょう。

在宅勤務が向いている人と自宅で働くメリット

在宅で働くことは、メリットがありますが、もちろんデメリットもあります。自宅で仕事をするとなると、仕事を阻むものがあり、会社に出勤した方が効率的に仕事ができるという人や自己管理ができない人にはあまり在宅で働くことはおすすめできないかも知れません。

ここでは在宅勤務が向いている人や未経験からでもできるのか、在宅で働くことのメリットを紹介していきます。

在宅勤務が向いている人は自己管理ができる人

しっかりと自分の受けた案件に対してコミットできる人には、在宅で働くことは自分にも、企業側にも大きなメリットがあります。

未経験からいきなり在宅勤務は難しい

企業は、利益率を上げるために在宅勤務者を増やしています。在宅勤務は企業のコストを下げるという意味でもメリットがあります。そういった理由からまだ実務経験がない初級のプログラマーにも企業や転職エージェントは在宅案件を紹介しています。

しかしそうはいっても、いきなり在宅勤務することはできず、ほとんどの企業が最初はオフィスに通勤をして研修を受けて、スキルや実績を確認してから在宅勤務がスタートすることになります。

未経験の人や初級プログラマーの人は、このように転職して、フリーランスエンジニアを目指す人という人が多くいます。

在宅で働くことのメリット

在宅案件は、女性に人気があり、家事や育児を行っている主婦は特に在宅で働きたいという人が多くいます。

政府も女性活用という面でも在宅勤務を推進をしており、助成金などの支援制度もあります。

また通勤ラッシュといった無駄に疲れることもなく、生産性を上げることができるところが在宅勤務のメリットです。

在宅プログラマーの仕事内容は幅広い!

在宅プログラマーはどんな仕事内容かというと、その人のスキルに応じて多種多様は仕事内容があります。

  • スマートフォンのアプリ開発
  • ツールの作成
  • データ解析

など、プログラマーには幅広く案件があります。

スマートフォンのアプリ開発は働き方が柔軟

最近では、スマートフォンのゲーム開発から起業をする会社が多くなってきています。

こういった会社は自由な社風であることが多く、働き方も柔軟であるので在宅勤務が可能な案件が多いです。

データ解析の需要は高い

今、注目されているのはデータ解析です。

データを解析できるエンジニアは「データサイエンティスト」と呼ばれて今非常に需要がある人材です。

今までは、システムを構築することがプログラマーやエンジニアに求められて来ましたが、今は大量にあるデータをいかに解析をして、どのように活かすかということが必要になってきています。

なので、データ解析のスキルを持ったプログラマーは重宝されますので、案件を獲得しやすいです。

在宅勤務ができる案件を紹介してくれる求人サイト

「在宅勤務ができる企業に転職したい!」と思っていても、仕事が忙しくて転職活動が思うように進まない。面接でどんなことが聞かれるかわからないと思います。

そこでオススメしたいのが転職エージェントを利用することです。転職エージェントを利用することで、インターネット検索では出てこない在宅勤務ができる求人を紹介があります。ここではおすすめの転職エージェントを紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界の求人が多く在宅勤務OKの案件も多くあり、20代~40代の転職成功率がNo1という実績を持っています。レバテックキャリアは数多くの企業と長期的な信頼関係を築いているため、企業ごとの対策もしっかりと練ってくれます。レバテックキャリアの公式ページへ

DODAエンジニアIT

未経験の人や初級プログラマーの方はこのDODAエンジニアITの転職エージェントを利用することをオススメします。

その理由は未経験OKや第二新卒OKといった比較的キャリアが浅い人でも募集している求人が多数あるからです。まずは研修から始めて、いずれ在宅勤務やフリーランスとして働きたいという人にはピッタリです。DODAエンジニアITの公式ページへ

ビズリーチ

ビズリーチはIT系のハイクラス専門の求人が特徴で、年収をUPを目指している人向けです。

在宅勤務ができる求人も他の転職エージェントで掲載されている案件より単価が高いです。実績があるという人にオススメの転職エージェントです。ビズリーチの公式ページへ

まとめ:自分のライフスタイル合った企業の案件を受けよう

プログラマーの在宅勤務について、紹介しました。働き方改革という後押しもあり、在宅勤務は増え続けていいます。プログラマーはパソコンと自分のスキルがあれば場所を選ばず働くことができます。

まずは在宅勤務が可能な企業に転職をして、在宅案件を獲得できる力を得て、自分のライフスタイル合った働き方をしてみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

SIer業界のエンジニア求人の今後の動向と求められる経験
昨今、再び盛り上がりを見せ始めているSIerエンジニア求人。なぜ、いまSIerエンジニアが求められているの…
将来性無い?話題のインフラエンジニア年収と仕事内容公開
インフラエンジニアはエンジニア職の中でも年収の良い職種なのか?今回は、インフラエンジニア転職にまつ…
リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査
リクナビNEXTの「応募しませんか?(応募歓迎)」というメッセージ。果たしてこれは内定が取りやすくなる…
エンジニアが転職する際に使うべき転職サイトとは?
ITエンジニア向けの転職サービスはたくさんあります。転職サイト、ヘッドハンティング、エージェント…他…
pagetop