未経験プログラマーとして入ったけどやめたい!向いてないかもと考えているあなたに

TOP > プログラマーの転職 > 未経験プログラマーとして入ったけどやめたい!向いてないかもと考えているあなたに

未経験プログラマーとして入ったけどやめたい!向いてないかもと考えているあなたに

このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験だけど、プログラマーとして就職!

これまで精一杯頑張ってきた…。

だけど最近、やめたい…。

そんな風に考えること、少なからずあると思います。

転職するか、そのまま頑張るか…。

いろいろな不安を抱えているあなたを助けられるよう、この記事でお伝えしていきます!

未経験プログラマーはやめても大丈夫!

まず大前提として、仕事はやめても大丈夫です!

不安もあるかもしれませんが、最近の転職市場はどんどん活性化しています。

一つの企業に定年までずっと勤め続ける時代は終わり、いろいろな会社を経験していることが一般的になってきました。

履歴書が汚れるなんて言い方をすることもありましたが、今の時代正当な理由があればそんなことはありません。

自分の適職を探すための転職ならそれは正当な理由です。

安心してやめてください!!

プログラマーは適性があるか分かれやすい職種

そもそもプログラマーというのは適性が分かれやすい職種です。

向いてないから私はダメな人間だ…。

そんなネガティブ思考に陥る必要はありません!

やめたい理由をピックアップするとこのあたりでしょうか


  • スキルが追い付かない
  • 単純にきつい
  • イメージと違った

まず安心していただきたいのは、この理由は決して悪い理由ではありません。

解決することが可能です。

解決することができて、プログラマーを続けていくことができる。

その場合はそれで解決です。

ただ下の2つは解決の仕方は職種・職場を変更するのが一番効果的でしょう。

きつい、イメージと違うという仕事・職場は、続けていても精神を摩耗していきます…。

その時は無理をせずに転職しましょう。

プログラミングを使わないIT系に転職するのもあり

プログラマーやっていたからやっぱりプログラマーへの転職がいいかな…。

なんて考える人もいるかもしれません。

ですが落ち着いてください。

プログラマー、未経験で始めましたよね?それと同じです。

未経験・経験、転職するときには確かに考える必要もあります。

だからといって選ぶ仕事を制限する必要はないのです。

むしろプログラマー経験もある中で、IT関係の仕事に就くことは有利になります。

システム的なことへの理解も深く、技術もあるということであれば転職はしやすいでしょう。

もちろんプログラミングを使わないIT関係の仕事もあります。

転職するときは自分の経歴に縛られず、広い視野で進めることが成功の第一歩です!

やめるときは次にしたい仕事を考えよう

転職するときの心構えです。

まず大事なのは自分が何をしたいのか明確にしましょう。

特に【単純にきつい】【イメージと違った】という理由である場合。

それは実際に自分がその職場で働いた時のイメージと食い違ったということです。

同じことにならないよう、しっかり考えましょう。

自分自身の整理をする

まずするべきは自分自身の整理をつけることです。

これまでの経験を含めて整理しましょう。


  • 自分が楽しいと思えた仕事は何か
  • 自分が辛かった業務は何か
  • 自分がしたい働き方は何か
  • 自分が身に着けたいスキルは何か

このあたりのところは明確に自分の中で考えておけるとベストですね。

未経験から身に着けたスキルは無駄にならない

忘れないでいただきたいのは、プログラミングという技能の希少性です。

もちろんプログラミングスキルに特化した人にはかなわないかもしれません。

ですがそのスキルにはとても高い市場価値があります。

すべてを活かすというのは難しいかもしれませんが、必ず使える技能です。

しかも未経験からそれを身に着けたのであれば、新たなスキルを身に着けるときにも役立つことでしょう。

今まであなたが身に着けてきたスキルは、決して無駄なものではありません。

むしろあなたの特別な武器として使うことができるのです。

転職するなら一度相談が吉

ただ、転職するというのはとても労力時間がかかるものです。

私も転職を経験していますが、一人だったらうまくいかなかっただろうと感じています。

一人で踏ん張るよりも、転職エージェントなどに相談してみるのがおすすめです。

一人での転職は大変

率直に、一人で転職するのはとても大変です。

どんなに自分の整理をつけていても、特に別業界を考えたりするときにはわからないことまみれです。

私も最初は一人でやろうとしていました。

転職サイトに登録、行きたい業界を調べる、会社ごとの特徴を知る、面談などの申し込みをする、履歴書を作る…etc。

仕事しながら転職活動をしていましたが、正直無理でした。

無理だとわかった瞬間に転職エージェントへの相談をしました。

今まで一人で頑張っていた時間があっという間に終わって拍子抜けしたのを覚えています。

もっと早くに相談しておけばよかったとその時しみじみ思いました。

相談すれば自分が知らない適職が見つかるかも

エージェントに相談するメリットはそれだけではありません。

エージェントの人たちには独自のネットワークがあり、多くの転職者を見ています。

ですからその人の適職も完璧でないことがわかっています。

自分はこの仕事が一番だ、と思っていても実は違う業界があっていたなんてことはよくあることです。

自分の人生をよりよくするためにも、一度相談してみるのをおすすめします!

まとめ

未経験で入ったから、もう少し頑張ったほうがいいかな…。

プログラマー、このまま続けていいのかな…。

仕事はすべてが楽しいことだけではありません。

それでもやめたい、と考えたときは、一度やめてリセットしましょう。

もしかしたら、もっといい仕事に就けるかもしれません。

一人で不安なら、相談しましょう!

プログラマーのスキルがある程度あれば、IT系にとても活かせるはずです。

少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

関連する他の記事

転職するならレバテックキャリアがおすすめ?成功例を紹介!
IT・WEB系の業界の転職レバテックキャリアは本当にいい転職エージェントなのか?成功例を紹介していきま…
キャリアカーバーでゲームプログラマーに転職できる?
キャリアカーバーでゲームプログラマーを調べると、開発言語を使い、ゲームをプログラムする仕事です。30…
ハードルが高い?リクナビNEXTで求められる経験
リクナビNEXTに掲載されている求人に合格するために、必用な経験の傾向を紹介します。現在の仕事に必要な…
ゲーム業界は転職を何歳まで受け入れる?
皆さん、ゲーム業界への転職を考えていませんか? 今回は実際にゲーム業界に転職する際、何歳まで受け入…
pagetop