ITエンジニアで内定が決まってから入社まではどう過ごす?

TOP > 転職ノウハウ集 > ITエンジニアならではの内定決定後の過ごし方

ITエンジニアならではの内定決定後の過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソースコードと男性

内定が決まると転職活動は終わります。次は退職手続きや入社の手続きなどが必要ですが、それ以外ではどんな過ごし方をすると良いのでしょうか。内定がきまった後の過ごし方について考えてみます。

内定GET!転職後はエンジニアの仕事を忘れてリフレッシュ!

転職活動が終わったら、まずは体と気分をリフレッシュさせてみましょう。

転職の理由は人それぞれですが、働きながら転職活動するITエンジニアが多いようです。無事、転職できたとしても転職先の企業へ入社した後は、あれこれと覚えることも多く忙しい毎日が続きます。

出来るなら、入社する前に有給を消化するなどしっかり休みをとり、チャレンジしたいことをしてみたり、ゆっくりと休んだりすることも大切です。また、退職や入社の手続きに必要な書類などを揃える時間としても活用しましょう。

ビジネスマナーを改めて身につける

転職の際は、改めてビジネスマナーをチェックしましょう。転職をすれば上司や先輩、取引先など何もかもが変わってしまいます。転職先でも上手な人間関係を築くために気を付けたいことがビジネスマナーです。

ビジネスマナーは仕事のうえでとても大切なものなので、言葉遣いが正しいかなど改めてしっかり確認しておきましょう。

勉強会に参加してITエンジニア技術を向上させる

入社してすぐに活躍できるために、勉強会などに積極参加するのもおすすめです。IT技術というのは、1日や1秒程の早いスピードで日々進化し続けています。ですから、ITエンジニアは勉強が非常に大切です。

しかし、仕事が忙しいとなかなか勉強ができません。なので、転職先へ入社するまでの間を活用することで、新しいエンジニア技術を学ぶことができます。

また、勉強会に参加することで技術力の向上だけではなく、同じITエンジニアとの人脈が増えて、仕事に必要なコミュニケーション能力をアップすることも可能です。ビジネスマナーを見直す場にもなるでしょう。

社会保険などの手続きを済ませる

勤務先が変わるので、社会保険などの変更手続きが必要です。手続きは退社日の翌日が入社となるケース、入社日までの間があるケースがあります。

まず在職中に転職活動を行った場合で、すぐに転職先へと入社した場合は失職していないので、前職場から書類をもらい、新しい職場へ提出するだけでいいです。しかし、すでに前の職場を退職してしまっている場合は、無職の期間があるため、自分で手続きを行う必要があります。なので、時間に余裕をもって忘れずに手続きをしましょう。

内定後から入社までにやっておくと良い「転職先のエンジニア業務のウォーミングアップ」BEST3

内定が決まったあと、企業へ入社するまでに準備しておきたいことはどのようなものがあるでしょうか。内定獲得者のウォーミングアップや、初めての出社日までにすべきことをまとめました。

①内定後の計画を管理する

内定から初出勤まで、なかなか時間に余裕が持てないことが多いです。予定通りに初出勤できるように、前職場の残務処理や引き継ぎなどは期間内に完了させることを最優先にして、計画を立てることが必要です。

在職中で有給を消化している場合は、初出勤まで時間の猶予があります。楽に準備ができますが、注意してほしい点として退職日が延長するという事態が想定されます。退職日が延長して予定どおりの出社日にならないように、有給の期間と退社日、そして初出勤のスケジュール調整はしっかり管理しましょう。

②転職先での予備知識を身につける

入社するまでの行動計画では、業務に関する予備知識を身につけておくことが大切です。ITエンジニアの経験者であっても、勤務先が変われば主要取引先の支社や営業所の所在地なども変わってきます。基礎知識をすでに持っていると効率よく業務を始めることが可能です。

転職だとビジネス経験者として期待されていることが多いです。何かと比較されてしまうことが多いので、内定先の同僚たちに追いつけるように、基本的な知識は事前に身につけておきましょう。特に試用期間が設けられている場合は、戦力として認められてから本採用が決定されるので、いち早く認められるように予備知識を習得することは重要な点です。

③事前出社は指示に従う

転職した企業によって、初出勤より前に出社を求められるケースがあります。これは入社手続きを行うという指示が多いので、事前に書類を揃えて出社しましょう。

しかし、ここで注意したいのが「ミーティングの出席」「顔見せの来社」に関してです。原則で入社前に内定者を労働することはないので、どのような理由で出社するのかを確認しておきましょう。

なお、出社指示や依頼がないのに勝手に職場へ行くのは非常識です。たとえ入社に強い熱意があったとしても、非常識な行動は採用側に不安を与えてしまう可能性があります。転職先にあいさつすることは大切ですが、自主的に動く場合は事前にアポを取った上で動きましょう。

事前出社する際は、業務に関する細かいルールなどもあらかじめ確認して、転職先にすぐ馴染めるように心掛けることも必要です。

内定先で良いエンジニアライフを送るためにも転職後の過ごし方を考えよう!

転職後は、在職中でも離職後でも前職から次の職場に移るまで、しばらく間が空くことが予想されます。これまでやりたくてもやれなかった趣味や、行っておきたい場所に行くというのも非常に良い内定後の過ごし方だと思いますが、ビジネスマンとしての感覚を忘れないようにしておくことが大切です。

技術面やスタンスの面で新しい職場に移ってからもエンジニアとしてすぐ活躍できるよう、自己研鑽を怠らないようにしておきましょう

関連する他の記事

2017年売り手市場のゲームプログラマーに必要なスキルや経験とは
現在売り手市場のゲームプログラマー業界。転職の際に役立つスキルや経験について、最新の求人情報から研…
Javaの資格は必要?Javaエンジニアに最適な転職方法を徹底解説
Javaの資格って転職に必要なの?そんな心配をされているエンジニアの方は多くいらっしゃると思います。今…
仕事で使えるJavaの開発経験や求められるレベルを徹底調査
Javaのスキルを強みにエンジニア転職をする場合、どれくらいのレベルが求められるのでしょうか。今回は、…
大阪でのエンジニア転職はDODA!求人数や傾向を紹介
DODAは大阪のIT系職種に転職する場合でも使えるのでしょうか。勤務地が大阪の求人数、求人の種類、その傾…
pagetop