TOP > 転職ノウハウ集 > ITエンジニア転職初心者が心がまえるべき3つのポイント

ITエンジニア転職初心者が心がまえるべき3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
指と電球の絵

ITエンジニアに限ったことではありませんが、転職活動は楽なものではありません。辛く、厳しいものです。時には挫折してしまうことも多々あるでしょう。そこで今回は、転職初心者に向けて、「エンジニア転職を乗り越えるにはどのような心構えで望むべきか」をお教えします。

ITエンジニア転職のコツ1:プラスのモチベーションを持つこと

エンジニア転職をする上で大切なことの1つ目は、プラスのモチベーションを持つということです。なぜそれが大切なのでしょうか。

マイナスの理由が再就職でプラスに働くことはない

エンジニア転職にはいくつか理由があります。キャリアアップしたい、年収アップしたい、新しい環境で新しい知識を得たい。しかし、いちばん多い理由は今の仕事が辛い。という理由でしょう。

しかしこの理由を転職先企業に素直に伝えてしまうといい印象は与えません。事実はマイナスの理由だとしても、転職を決めたあとはすぐにプラスの志向に切り替えましょう。

モチベーションが下がってしまうと負のスパイラルに

例えば、給料が低い、上司が嫌いだとかそういたマイナスの理由でその会社を辞めても次の会社でもそういった考えに陥って辞めたいという思考回路になります。その結果どの企業にいってもうまくいかないという事になります。大事なのは、転職の理由がプラスのモチベーションであるということなのです。

例えば、あの企業の方がもっと自分のスキルを高められる、もっと競争率の高いところで自分のスキルを磨きたい、といったことです。この前向きなモチベーションを持つだけで転職の成功率は格段にあがります。

ITエンジニア転職のコツ2:自分と向き合うこと

どんな戦でも下準備なしには勝てる試合であっても負けてしまいます。中国最高の戦略家である孫子もこんな言葉を残しています。「己を知り、敵を知れば百戦危うからず。」これをITエンジニア転職に置き換えると、まずは自己分析。そして転職希望の企業の情報収集。この2つです。

明確なキャリアプランが描ければ面接でも有利に

自己分析は、就職活動をした際にやっていたかもしれませんが、目的は、一つ目に自分の適性を知るということ。二つ目は自分の長所と短所を見つけるということ。三つ目は将来なりたい姿を明確にするということです。この三つによって自分のことがかなり明確に見えてきます。思いもよらない自分に出会えるかもしれません。それを元に転職を考えると成功率はさらにアップします。

転職先企業の情報を集めて自分が働いている姿を想像する

転職希望の情報収集としては、文字通り次に就きたい職場の情報を集めるということです。まずは、サイトでその企業の情報をチェックします。ここまでは誰でもやります。

ここ止まりでは、もし仮にその企業で働き始めた時にサイトとのギャップを感じることになるかもしれません。それが良い意味でのギャップであれば良いのですが、悪い意味でのギャップであれば最悪です。この状況が生じうる原因としては、企業は深層心理として良い情報しかのせたくないというのがあります。それもそのはず、わざわざサイトにデメリットを書いて会社自ら足を引っ張ることはしたくありません。

そんな状況を回避するため、会社のサイトで情報を集めた後に、その会社に訪問、従業員の話を聞くという機会を設けるべきなのです。これをすることで転職成功率は格段に上がります。

ITエンジニア転職のコツ3:勉強を怠らないこと

エンジニアは流行り廃りの激しい世界。自主的に勉強をしていかないと情報についていけなくなります。その背景もあってか、企業は応募条件にまで「積極的に学んでいく姿勢のある人」とかくほど。企業に入ってからではなく、転職活動中も常に勉強するよう心がけましょう。

転職エージェント主催の勉強会に参加

レバテックキャリアやビズリーチなどの転職エージェントでは定期的にセミナーや勉強会が開催されています。

こういった勉強会には転職を考えている同業のエンジニアも集まるので、転職に関する情報も集められる他、無料で最先端の知識を仕入れることもできます。

プログラミングスクールに通う

初心者に近い人はプログラミングスクールに通うのも手です。授業料は決して安くないですが、無料体験レッスンや回数パックで申し込みができるスクールなどもあります。

転職エージェントのレバテックキャリアでは無料でスクールの紹介を行ってくれる上、スクールで学びながら転職活動をする手伝いをしてくれます。

転職活動は前向きな気持で臨もう

ITエンジニア転職を成功させる鍵は、プラスのモチベーションをもつ、自己分析と転職希望会社の事前調査です。これはITエンジニア転職に限った話ではありませんが、この2つが転職を成功させる上で何よりもやるべきことなのです。この記事を読んでいただいた皆さんのITエンジニア転職の成功を祈るばかりです。

関連する他の記事

プロジェクトマネージャーへの転職にメリットデメリットはある?
プロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか。また、転職する際のメリット、デメリットを追求して…
DODAエンジニアITはエージェントからの電話がしつこい?
DODAエンジニアITは国内でも最大級の転職エージェントです。担当のキャリアアドバイザーからの電話がしつ…
出身者以外にもお薦めできる横浜のITエンジニア転職求人!傾向と理由
横浜は転職先としても東京に引けを取らないくらい人気の場所です。ここでは横浜にITエンジニアとして転職…
2015年に問題になったキャリアカーバーの情報流出問題の真相とは
情報流出が話題になったキャリアカーバー。実害はあったのか?今は大丈夫なのか?キャリアカーバーでの転…
pagetop