JavaScript経験者の転職市場の今後の動きと身につけておきたいスキル

TOP > JavaScriptを使った転職 > JavaScript経験者が注目される転職市場と今後の動き

JavaScript経験者が注目される転職市場と今後の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加
htmlソースコード

WEBサービス関係の求人を見ると、JavaScript経験者を対象にした案件が非常に多いです。ほとんどに必須もしくは還元するスキルとして、JavaScriptが指定されていると言っていいでしょう。

「動き」の欠かせないWEBサイト

なぜここまで高い需要があるか、それは最近のWEBサイト作成で欠かせないからです。インターネットを見ればお分かりでしょうが、動きのあるサイトが非常に多いと思いませんか?

すべてのページが静止画というのはあまり多くなく、何らかの動きがサイトの中でついています。動きがあるとどうしても人々の関心を引きます。より多くのアクセス数を記録するために欠かせない演出になりつつあります。このサイト内の動きをつけるために欠かせないのが、JavaScriptの技術です。

最先端のWEB業界で活躍したいならJavascriptは押さえておきたいトレンド

WEB系の分野でキャリアアップしたいと思っているのであれば、JavaScriptはしっかりマスターしておきたいところです。また今後WEB以外にも、スマホやタブレットのアプリ関係の仕事でもJavaScriptのスキルは求められるでしょう。メンテナンスしやすいなどパフォーマンスに優れているため、使用する際、勝手が良いからです。

アプリ系は今後も成長の継続することが期待されています。このため現状はもちろんのこと、当面需要の高い状態で推移する可能性が高いとみられています。

求人探しをするためのポイントは?

JavaScriptの経験者を対象にした募集は、IT系の転職サイトで調べればわかりますが、非常に多いです。ですから自分が転職先にどのような条件を求めるか、具体的に決めておくと良いです。そうすれば、数ある求人の中でも絞り込みがしやすくなります。

JavaScriptの経験者のほかにも、スキルがあれば未経験者でも歓迎の求人もあります。未経験者歓迎の募集はリーマンショック以降採用の絞り込みを行って、年々減少してきました。しかしあることはありますので、今後JavaScriptを使った仕事をしてみたい人も探す価値はあります。

しかしこのような未経験者歓迎の案件に応募する場合、企業研究を丁寧に進めるべきです。

未経験者求人は天国か地獄の2種類に分かれる

実は未経験者歓迎の求人は、両極端に分かれます。まずは教育システムが整っている企業です。そしてもう一つは、猫の手でも借りたいほど深刻な人材不足に陥っている企業です。

後者の場合、ロクに研修なども受けられず、いきなり莫大な業務量を押し付けられる可能性があります。いわゆるブラック企業の可能性があるので、慎重にどちらのタイプか見極めることです。

いつも未経験者歓迎の求人が出ている企業は要注意です。慢性的な人材不足に陥っているか、採用してもすぐにやめてしまうので随時募集を出さざるを得なくなっている可能性が考えられるからです。

やっておきたい「得意分野の明確化」と身に付けておきたいスキル

JavaScriptのスキルは多岐にわたって求められるものです。そこで自分がどのようなキャリアパスを歩むかによって、転職活動の戦略も変わってきます。

WEB分野では欠かせないスキル

JavaScriptのスキルはWEBサイトを作る際に欠かせないものです。年齢の算出や日数を割り出すために欠かせません。アンケート調査をサイト上で行う、シミュレーションサービスを提供する際には必要なスキルになります。

その他にもCookie管理にも必要なプログラミング言語です。ログインしないとアクセスできないサイトを作る時やECサイトを作成する際に購入した商品の情報を保存するときに必須の技術になります。

最初に紹介した、サイトに動きをつけるためにも欠かせないスキルですから、WEBサイト制作の分野でキャリアアップするためには欠かせない技術と思いましょう。

ゲームアプリ開発においても役立つスキルです

その他にJavaScript経験者の中にはゲーム開発を得意分野にしている人も少なからず見られます。Enchat.jsなどのプラットフォームを活用すれば、オンラインゲームもスマホアプリのゲーム開発も両方可能です。

プラスアルファのスキルを獲得することで活躍できる分野が広がる

JavaScriptのスキルをさらに広範囲に生かすためには、HTML5などのAPIのスキルを獲得しましょう。もしAPIスキルをマスターしている、実際に仕事を手掛けたことがあれば、転職活動の際にどんどんアピールしましょう。活躍できる範囲も広がります。

例えばHTML5のスキルがあれば、canvas要素を使った表現が可能です。canvasを活用すれば、3次元のグラフィックを平面上に投影するといった技術が可能です。

またHTML5には、audioやvideo要素があります。こちらを利用すれば、ウェブページの中にオーディオプレーヤーやムービープレーヤーなどを埋め込むことが可能です。サイトのコンテンツを充実させ、より多くの人がアクセスできるページになります。

まとめ

JavaScriptはIT系の求人の中でも需要の高いスキルです。しかしその一方でポピュラーなため、JavaScript経験者が多いです。そこで転職を希望するならプラスアルファのスキルがあると良いでしょう。

HTMLやCSSを加えて設計や実装するエンジニアのことを、フロントエンドエンジニアと呼びます。このフロントエンドエンジニアはWEBアプリの開発で高い需要が今後も見込まれます。JavaScript以外のスキルを獲得して、キャリアアップしましょう。

関連する他の記事

DODAエンジニアITの評判を徹底調査!メリットとデメリットとは
日本最大級の転職エージェント企業のインテリジェンスが運営しているITエンジニアに特化した転職サイトのD…
レバテックキャリアは紹介してもらえない?巷に溢れる噂を検証
未経験・高年齢の人は求人を紹介してもらえない?そんな噂もあるレバテックキャリア。実際のところはどう…
ITコンサルタントのベンチャー転職は得?メリットデメリット
ITコンサルタントとして働く方が、ベンチャー企業へ転職した際のメリットとデメリットをご紹介します。悔…
Webデザイナーになるにはどんな資格が必要?
今回はWebデザイナーが持っていると得をする資格をご紹介します。ぜひこの記事を読んでみなさんも検定に…
pagetop