ITコンサルタントに求められる言語とは

TOP > ITコンサルタントの転職 > 知らなきゃ始まらない!ITコンサルタントに求められる言語

知らなきゃ始まらない!ITコンサルタントに求められる言語

このエントリーをはてなブックマークに追加
カフェに置かれたノートパソコン

ITコンサルタントは激務ではありますが、高収入で人気の職業でもあります。

本記事では、ITコンサルタントに求められる能力ご紹介するとともに、プログラミング言語の習得は必要なのかどうかということについて触れたいと思います。

ITコンサルタントの業務には俯瞰的な視点が必要

そもそも、ITコンサルタントという仕事はどのようなものなのでしょう?

問題解決の提案が主な仕事

ITコンサルタントは、システムから経営の改善を行うことや、企業の方針をベースにシステム開発の提案をする職業です。

ITコンサルタントの主な業務の内容は主にコンサルタントとは、クライアントの企業のIT戦略全体に対するコンサルティング業務が中心となります。

企業全体を見て、問題点や改善点を抽出し、IT戦略を決めていきます。

資格は必要ないが上手く立ち回るスキルが必要

まず、ITコンサルタントには必要とされる資格はありません。

しかし、コンサルタントとして基本的な能力の高さは大いに求められます。

例えば、コミュニケーション能力や論理的な思考などが挙げられます。先程、資格は必要ないとお伝えしましたが、求められる能力は多く存在します。

コミュ二ケーション能力はもちろんのこと、専門的なITの知識や経営戦略に関する知識や思考力が求められます。コンサルタントとしてやっていくには、資格は必要なくとも能力は求められるということですね。

広い視野を持つためにも持っておきたいプログラミング言語

結論から申し上げると、ITコンサルトにとってプログラミング言語の習得は必須ではありません。

ITコンサルタントには、SEのような技術的な仕事よりも、クライアントの企業の問題点を探り、改善することだからです。

説得力を持たせるための深い専門知識が必要

しかし、直接的に言語のスキルが必要ではないとはいえども、習得しておいたほうが良いとの見解もあります。

なぜなら、クライアントの要望に応える上で、SEと同等の技術者の専門的な知識があったほうが、システム開発の視点から問題解決、改善のヒントが生まれる可能性があるからです。つまり、出来ることの幅が広がるのですね。

対SEの仕事になる可能性もあるので覚悟が必要

また、SEとのやりとりにおいても、言語を習得しておいたほうが、より的確な指示を出すことが出来ますよね。

プログラミングに関する知識を習得しておけば、ITコンサルタントとしての仕事の質も上がるのではないでしょうか。

実際にITコンサルタントとして働いていらっしゃる方で活躍されている方の中にはSEを経てITエンジニアとして働く方も多くいらっしゃいます。

彼らが活躍している背景にはSEとしての経験やプログラミングに関する知識が前提にあるから、ということも理由の1つではないでしょうか。

能力が高く知識があるからこそクライアントの要望に答えることが可能なのでしょう。

要するに、知識や経験があることで、クライアントにとって適切且つ具体的な提案が出来るのです。

さらに言えば、実際の業務において、ITコンサルタントがクライアントの同意を得ることが出来たら要件をまとめシステム開発者であるSEに要件定義書を渡します。プログラミングの知識のみならず、SEとしての知識があれば、SEにとっても仕事がやりやすく、業務が円滑になります。

コンサル時に使用されることの多い言語3選

必須ではないものの、ITコンサルタントとして働いていく上で、プログラミング言語をマスターすることの重要性におきづきになられたと思います。

では、どのような種類のプログラミング言語を学べば良いのか、有名なものをいくつか、特徴とともにご紹介したいと思います。

Java

汎用性が高異言語で、どのコンピューターにも搭載できるというメリットを持っています。

基本的な言語の知識を身につける事が可能で、バランスの取れたプログラミング言語です。

また、企業からの需要が高いことでも知られています。大規模開発で採用されることも多いです。

JavaScript

こちらはある程度の知識がないと使いきれない印象ですが、このプログラミング言語は、世界的に多く用いられており、大企業にも用いられていることから需要は特に強いでしょう。

なんとwebサイト9割以上がこのプログラミング言語を使用しているそうです。

Ruby

教育においても使われる程、扱いやすいプログラミング言語です。敷居は低めと考えて良いでしょう。

基本的な知識をつけやすいという点もメリットの1つではありますが、採用事例が増えてきていることも上げることが出来ます。

特に将来性があるプログラミング言語だと思います。

必須ではないが持っておきたいスキル

プログラミングの知識を習得することは、ITコンサルタントとしてのスキルアップ、キャリアアップへと繋がることはお分かりいただけたかと思います。

必須ではないですが業務を行う上で、何かと役に立つ機会がありますので、この記事をきっかけにプログラミングの勉強を始めてくださるような方がいらっしゃれば幸いです。

関連する他の記事

30代のITエンジニア必見!好条件で転職する方法
エンジニア転職のためには何が必要なのだろうか。転職をしようと思っても悩むことは多いです。どんなこと…
プロジェクトマネージャー転職なら絶対に取ろう!テッパン資格3つ
プロジェクトマネージャーになるために必要な資格3選。2017年の最新求人情報から見ています。転職でPMに…
キャリアカーバーでITコンサルタント転職はできる?
ハイキャリア向けの転職エージェント、キャリアカーバー。年収が高いITコンサルタントへ転職するには、一…
ITエンジニア転職初心者が心がまえるべき3つのポイント
エンジニアが初めての転職の際に心がまえるべきポイントとは?意識を少し変えるだけで転職のしやすさがか…
pagetop