外資系のITコンサルタントについて転職のポイントなど解説

TOP > ITコンサルタントの転職 > 外資系のITコンサルトに転職するにあたって抑えておきたいこと

外資系のITコンサルトに転職するにあたって抑えておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
外資系企業のオフィスの写真

外資系のITコンサル。ハイキャリアの人の転職先というイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

外資系のITコンサルタントへの転職を考えている皆さんに役立つ情報を提供していきたいと思います。

外資系のITコンサルタントは平均給与が高い傾向に

ITコンサルタントとはどのような仕事をしているのでしょうか。イマイチつかみにくい所ではないかと思います。今回はその業務内容などを紹介していきます。

ITコンサルトの仕事内容

ITコンサルタントとはクライアントの経営上の問題等に関してITの観点からアドバイスなどを送る仕事です。システムの開発段階までかかわることもありますが、基本的にはいわゆるマネジメントの部分がメインになります。経営課題に対し解決策の提案IT戦略の立案、企画の運用評価なども行います。

もちろんある程度のITの知識は必須ですが、提案力やプレゼン能力が重要になってきます。また交渉能力も必要になってくるでしょう。

総括するとITコンサルタントにはITの問題を理解できる高度な知識力、クライアントの問題を発見できる課題発見能力、またその解決策を提示できる経営的視点の三点が必要になってきます。

外資系であることの利点

利点としては第一に報酬が高いことがあげられます。外資系の企業は日系の会社と比べると総じて給与が高い傾向にありますが、ITコンサルタントは特に高いです。

アメリカの企業では新卒で年収1000万円というところもあるようです。日系の企業と比べて育てるという文化が薄いと言われています。

入社した時から即戦力として期待されます。転職の際ももちろん同じです。その傾向が報酬面にも表れていると言えるでしょう。

最新スキルが習得できる

第二に最新のスキルを使いこなすことができます。外資系は日系の会社と比べてやはりITの面で進んでいる状況です。日本がITの発展で海外の先進国に遅れを取っていることが影響しています。

しかし日本にいても外資系の企業に就職すれば最新のITスキルに触れることができます。またその最新スキルを使った経営戦略なども提案できるのでITコンサルタントとしてはアプローチの幅が増え、よりよい提案がクライアントに提供できることになります。その分やりがいも増していくでしょう。

外資系のITコンサルタントに転職するのに押さえておきたいこと

外資系のITコンサルタントに転職する際に抑えておきたいポイントを紹介します。

高い語学力が求められる

外資系なので英語の能力は必須になります。クライアントが外国企業だったりするので交渉や商談の際も基本英語でおこなわれるでしょう。ITコンサルタントであるからには難しい言葉も英語で表現できるようにしておくべきでしょう。

また社内の人とコミュニケーションをとる際も英語を使うことが大半になると思います。英語ができなければ社内で暮らしていくのは難しいですし、そもそも転職自体が大変困難です。

TOEICで800店を超えるくらいの英語力は最低限でも身に付けておく必要があります。

自分から提案できる積極性が大事

日本人の受け身的な体質と違い自分の意見がしっかりと発信できることがとても大切になってきます。

ITコンサルタントとなると特にその傾向が強くなります。自分なりに課題を分析し戦略を練り解決策を提示するというITコンサルタントの基本業務で発信力はどのフローでも大切になります。

受け身体質の人はあまり外資系のITコンサルタントには向かないでしょう。

エンジニアとITコンサルタントは全く違う畑

ITコンサルタントに転職する人の特徴としてエンジニア出身の方が多くいます。そんなエンジニアの方々にITコンサルタントへ転職する際のアドバイスを送ります。

業務内容がガラッと変わることに注意

今までエンジニアとしてやってきた人にとってITコンサルタントの業務は大きく違って見えてくることでしょう。

クライアントと交渉したり経営的観点から戦略を考えたりと、今までパソコンと格闘していた世界から業務内容がとても広がります。エンジニア出身という事でITスキルや知識の面ではアドバンテージがあります。

ですので英語力や発信力などのコミュニケーション能力や分析力などのスキルの要請に重きを置いていくべきでしょう。ITコンサルタントに必須のスキルですし、採用の面接の際にもこういったポイントが重点的にみられるでしょう。

外資系に強いエージェントを活用しよう

特に転職初経験という方にはおすすめなのですが、エージェントを使ってみましょう。

転職というのが段々と日本でも不通となっている時代ですので、エージェントがたくさん出てきています。その中でも外資系に強いエージェントなども存在します。

「JACリクルートメント」などがいい例です。このサイトは外資系に強く高額の案件も数多くそろえています。こうしたエージェントを利用することでたくさんのノウハウも得られますし、成功する可能性もあがるでしょう。

外資系のITコンサルタントになってキャリアアップを目指そう

外資系のITコンサルタントの特徴と言えば何といっても報酬が高いこととやりがいが大変感じられることです。その分業務内容は高度なことが求められます。

転職に成功した=キャリアアップを達成したと考えて良いでしょう。ぜひ上記の事を頭に入れたうえでキャリアアップを実現させてください。

関連する他の記事

SIerに入りたい人のための志望動機・志望理由!書き方や例文を紹介
ITエンジニアSIerとして働くための志望動機を紹介します。書類審査では必ず通るSIerの志望動機の書き方を…
ITエンジニアならではの内定決定後の過ごし方
転職活動が無事に終わったあと、内定を獲得した就職希望者はどのように行動すべきでしょうか。ここでは、…
IT業界ならリクルートエージェント?口コミと評判まとめ
IT業界での転職を目指している方へ。口コミからリクルートエージェントが本当に利用したエージェントかお…
ゲームプログラマーに転職するなら取るべき資格3つ
ゲームプログラマー転職に必要な資格を3つ紹介しています。エンジニア職の中でも人気の高いゲームプログ…
pagetop