SEに挫折した人の転職

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > SEを辞めたい!挫折したら転職エージェントに相談しよう

SEを辞めたい!挫折したら転職エージェントに相談しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭を抱える外国人男性

とにかく労働環境が悪くいわゆるブラック、一生懸命働いているのに、待遇はそれに見合わない…そんなSE職、やめたくなることも多いのではないでしょうか?いつまでも先の見えない職場なのでしたら、挫折と体力の限界で倒れてしまわないように早く転職することをおすすめします。

SE転職に立派な理由はなくていい

SEの技術をなかなか習得できない、自分の要領が他人と比べて悪い気がする、文系だから理系SEに勝てない、会社の環境が悪くてもう耐えられない…挫折の理由は様々あると思います。しかし、挫折したからといって転職しても良いのか、それは逃げではないのか、ああでもない、こうでもないと悩まれているからこのページにたどり着かれたのだと思います。

本音の転職理由の多くは今の職場への不満

転職理由が後ろ向きだと、その転職は成功しない…そう思っている方も多いことでしょう。しかし、そもそも転職理由が「今の会社に不満はないけど、転職したらもっと活躍できそう」である人は少ないでしょう。殆ど皆、人間関係が上手く行かなかったり、社内環境が合わなかったりなどの後ろ向きの理由で転職するのが自然な流れだとは思いませんか?「ここにいたらダメになる」という理由で転職を考える、それでいけないことはないのです。

今一度キャリアプランを立て直そう

それでも迷ったときは、自分がいま達成感を感じているかということと、2年後に今よりどのくらい成長していそうか、ということについて考えてみましょう。

まず前者ですが、達成感には2種類あります。1つは、納品してそれが実用化されているのを見るとうまれるもの。2つめは、自分の成長を実感できるというもの。もしどちらもあまり感じられていないようでいたら、早めに仕事のフィールドを変えることをおすすめします。

後者をあげたのは、どんな仕事でも2年経てばある程度形になるからです。それを踏まえ、自分の2年後の姿を想像してみてください。今より成長してそうだと思ったらその仕事を頑張って続けて見るのもいいでしょう。しかし、もし成長どころか瓦解が見えたのなら、迷わず転職を選んでください。

SE環境が辛いなら技術を生かした異職種への転職を

SEの仕事が辛いなら、いっそ異職種への転職を考えたほうがいいかもしれません。というのも、SEからSEへ転職したところで、あまり環境に変化が無かったと感じる人も多いからです。

開けた環境で働くことのできるWeb系エンジニア

Web系会社というのは、自社でWebサービスを開発・運営している会社です。そのため、面倒な請負、受託開発から逃れられることが大きな利点です。SE業界よりも現在はWeb業界のほうが大幅に成長している、その業界に移籍したほうが、後々の仕事にもありつけ、安全な転職先と言えます。

特に、Web業界は機能追加や修正、改善のサイクルが非常に早いため。自分で考えたサービスを形にしたい人、最新技術を追い求めたい人にはおすすめです。ただ、コードが書けないExcel職人には厳しい道程かもしれません。

その場合、なにかしらのサービスやアプリを1つ作って、採用の際に見せられるようにしておくとアピールができるでしょう。需要を考えて実装するところまでを同じ人がやるのがWebの考え方なのでそこは踏まえるようにしましょう。

いい意味でエンジニアらしくない労働環境が人気の社内SE

社内SEとは、主に非IT企業で、社内システムの企画や構築・運用からIT機器の管理などを行う企業内のIT担当者です。自分の同僚が会社の本業で成果をあげられるよう、使いやすい社内システムを作る、IT機器になにかトラブルが発生した祭などに素早く対応するなどのサポート職と思っていいでしょう。

正直、SEから全く関係のない職に変えるのはとても危険です。なぜなら、新卒でもない、中途半端な未経験者にも関わらず採用をしようとする企業は、たいてい人手の足りないブラック企業だからです。しかし、社内SEになれば、SEとしての仕事を評価した上で仕事を任されるので、安全な転職先と言えるでしょう。

キャリアがあるならITコンサルタントを目指すのも手

今、コンサルティングにおけるIT人材のニーズが高くなってきており、転職するには絶好のタイミングとなっています。一般的にコンサルタントはSEよりも給与が高いので魅力的な職ではありますが、その分成果を出すことを求められます。残業や激しい競争の世界に放り込まれることならどんとこい、という方なら、スキルややり甲斐、そして見返りも多いこの職をおすすめします。

相談しながら転職先を探したい人におすすめエージェント3選

SE転職の鉄板、テンプレは上に書いたとおりですが、もし会社の実情まで詳しく知った上で慎重に会社を選ぶなら、転職エージェントにまず相談してみることを切にお願いします。挫折は人を成長させますが、挫折ばかりの会社に入るのがきついことに変わりはありませんから。

マイナビエージェント

エンジニア転職ならマイナビエージェント×ITがおすすめです。このエージェントは知名度と信頼性を誇るマイナビが提供するIT特化型の転職エージェントであり、サポートするキャリアコンサルタントも同じ業界の出身者が多いため、業界知識に富み、室の高い転職支援サービスを受けることができます。

また、このエージェントはエリアが限られていないというのが大きな特徴です。あとで紹介するワークポートもレバテックキャリアもエリアが限られています。もし、その指定エリアに住んでいるのでしたら、併せて登録するのをおすすめします。

ワークポート

ワークポートはゲーム業界への転職に強いエージェントですが、それ以外にもプログラマー、SEの転職全般を強みとしています。拠点数は少なく、東京、大阪、福岡のみですが、ITやWeb関連の案件に関しては高い評価を得ています。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、SEに人気の高いIT職専門のエージェントです。特徴としては、単価の高い求人が多いことが挙げられます。理由は、求人の多くが中間業者を挟まず、企業直請けのため、高単価な報酬が期待できるからです。SEが抑えておくべき転職エージェントの1つで、サービスを展開しているのは東京、埼玉、千葉、神奈川エリアです。

2017年はIT業界売り手市場で気軽に転職できる

転職はSEにとってちっとも挫折ではないことが分かっていただけたらうれしいです。今はもう、昔のように一つの会社で勤めきる時代ではありません。転職の際は気を楽に持って、少しでも良い仕事環境で働けるように努力していきましょう!

関連する他の記事

転職を有利に進める!DODAエンジニアITスカウトメール活用法
DODAエンジニアITのスカウトメールについて解説します。スカウトメールをもらうコツや、DODAスカウトサー…
パソナキャリアの評判を徹底調査!メリットとデメリットとは
転職エージェント、パソナキャリアの評判を調べました!パソナキャリアを使うメリット・デメリットを徹底…
Ruby経験者向けの求人情報からみるIT業界の転職情報
転職を考えるRubyのプログラマー・エンジニア向け求人の特徴をご説明します。また、Rubyのプログラマー・…
プロジェクトマネージャーのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を

プロジェクト全体を円滑に進めるにはなくてはならない存在のプロジェクトマネージャー。

そん…

pagetop