ITエンジニアの面接の傾向と対策

TOP > ITエンジニア転職基本ガイド > ITエンジニアの面接の傾向

ITエンジニアの面接の傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
並んで座る男性

ITエンジニアが転職を行う時、面接において前職で得た経験や自身が持っているスキルなどを見ることはもちろんですが、その他にも様々なことに注目しながら、面接が行われていきます。

今回はITエンジニアが転職する際に企業側から求められていることや面接対策についてご紹介します。

ITエンジニアの求められている要素

IT企業は人材に対し、スキル以外にもコミュニケーション能力がどこの企業でも求められてきます。これは、システムづくりや社員同士の意思疎通等が常識となっているので、一般的なコミュニケーションを苦手とする場合は、プロジェクトや内容にも大きく影響してしまう可能性があるため、採用にも慎重になってしまいます。

しかし現在では、コミュニケーション能力があるというだけでなく、ユーザーが求めているものを理解でき、期待通りのシステムをつくれるか、迅速な対応ができるかなど、自分の範囲外にも視野を広げて向上できる人材も望まれています。そのため仕事が受け身にならず、当事者の立場になって積極的にユーザーと関わろうとする意識が求められてきているのです。

過去よりもこれからのことを

ITエンジニアの面接は今までの実績を並べてアピールしたくなるでしょう。

しかし面接官が本当に知りたいのは、その実績を企業でどう活かしていけるかの方が重要なのです。「自分はこれができます」という経験だけを強調するのではなく、今後どんな風に活躍できるかということを自分の言葉で伝えることが重要で「自分はこれができるので、貴社ではこんなことができます」というように具体的に伝えることが大切です。

面接は緊張するのが当たり前

これはITエンジニアだけでなく面接を行う人誰もが共通する部分です。面接はどうしても緊張してしまいますし、その中でどう受け答えをするのかという部分も企業側は見ている部分でもあります。

しかし、常識的なマナーやルールをわきまえていればそんなに構える必要はありません。積極的に伝えたいがために長々と話すよりも、自信を持って積極的に意志を伝えることが印象に残るでしょう。

必ず質問されることとやっておくべき事前対策

転職時の面接ではある程度聞かれることが決まっています。ここでは、質問と回答例を見てみましょう。

よく聞かれることが多い質問と対策例

「今まで携わってきたプロジェクトの中で大変だったことはどんなことですか?」というような質問が出された場合、突然のトラブルが起きた時にどうやって対応したのかをポイントとして企業側は見ています。エンジニアならではのシステム障害や、期間に間に合わなくなるケースを想定して投げ出してくる質問です。

これまでの経験を簡単にまとめておき、すぐに回答できるようにしておけば比較的良いイメージを与えることができます。

また、大変だったことだけを話すのではなく、そこからどういった対応をしたのか、解決に至るまでのプロセスを説明することが大切です。ただ単に大変だったことを述べただけでは、良いアピールポイントにはなりにくいでしょう。

定番質問「どんな仕事をしてみたいか?」にはどう答える?

ITエンジニアだけではありませんが、面接として定番となっている「この会社に入った時、どんな仕事をしてみたいですか?」という質問が投げかけられる場合があります。

この質問は、応募者が希望している仕事内容と実際に行っている仕事に違いはないか、そして応募者のスキルや経験、知識力についてもチェックできる質問なので企業側が質問する可能性は非常に高いです。

この質問に対して答える時、しっかりとその企業で行われている仕事内容について把握していることが重要となります。そのため、事前に企業の資料を読み込んで、どんな仕事を行っているのかチェックしたり、実際に職場見学や転職イベントなどに参加することによって詳細な仕事も確認したりすることができるので、おすすめです。

過去のキャリアやスキルよりも今後どうレベルアップしていくかが重要

また、その仕事に対して自分はどんな働き方ができるのか、もし自分にはその仕事をするスキルがなかったとしても、これから勉強していく、もしくは現在勉強中であることを伝えましょう。

一番回答としてNGなのは、自分のキャリアに固執しすぎてしまうことです。例えば「前職では○○といった仕事を行ってきたので、こちらでもそのスキルに基づいた仕事をやっていきたいです。」というような、今までのスキルを活かした仕事しかしないような答え方をしてしまうと、融通が利かない人に聞こえてしまいます

ですから、「○○という仕事をしてきましたが、御社ではこの経験を活かし、△△の仕事などにも積極的に挑戦したいと考えています。」というように、自分が持っているスキルを前提に新しいことにも挑戦していく姿勢を見せると企業側にも好印象を与えやすくなります。

面接前に気を付けたいこと

面接は第一印象が重要なのはご存じの通りかと思います。面接官に対して好印象を与えることができるのは面接時間の受け答えだけではありません。

最近は比較的自由な企業が増えてきていますが、一般常識としてきちんとした服装を心がけましょう。シャツにアイロンをかける、爪を切る、携帯電話の電源を切る、ヘアスタイルやメイクは清潔感を意識するなど、これらはどれも事前に用意できることです。面接前日の夜更かしは体調や集中力の妨げになるので控えましょう。

まとめ

ITエンジニアが転職する場合、いかに自分のスキルをアピールするかということが大切になりますが、その他の部分でも積極性であったりコミュニケーション力であったりと、どこかに自分らしさやエンジニアとしてのスキル以外の長所などを盛り込ませることで、自分のアピールにつながります。

これらのポイントをキッチリ押さえて、面接に挑みましょう。

関連する他の記事

2017年転職求人情報から見る!アプリケーションエンジニアの年収
アプリケーションエンジニアに漠然とした憧れがありませんか。転職先として選ぶなら必要になる資格・スキ…
出身者以外にもお薦めできる埼玉県のITエンジニア求人!傾向と理由
埼玉県はITエンジニアが転職するにはうってつけの環境です。特に家族連れの方にとっては、産休・育休支援…
2018年エンジニアが転職すべきIT企業~京都編~
エンジニア志望の人が京都で転職するならどのような企業があるでしょうか。また、転職する際におすすめの…
ゲームプログラマーにおすすめ!汎用性の高いプログラミング言語
数あるプログラミング言語の中で、ゲームプログラマー志望の人が学ぶのおすすめのプログラミング言語につ…
pagetop