アプリケーションエンジニアのメリットとデメリット

TOP > アプリケーションエンジニアの転職 > 確認しよう!アプリケーションエンジニアのメリットとデメリット

確認しよう!アプリケーションエンジニアのメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム画面を移したスマートフォン

アプリケーションエンジニアに職場を変えることを決めたならば、まずは、なりたいと思う理由を考えましょう。今までのプログラミングスキルやシステムエンジニアといった経験から、アプリケーションエンジニアになりたいと思ったきっかけがあるはずです。

転職の際の、メリットやデメリットも記載しますので、一緒にもう一度考えてみましょう。

未経験OKだから簡単な仕事?仕事内容を紹介

アプリケーションエンジニアの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。未経験でもOKの求人が出ていることから、簡単な作業が多いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ハードやデータベース方面の知識も必要

この仕事は、情報システムプロジェクトにおけるシステム設定を始めとして、プログラムを開発したり、開発したシステムが実際に動くかどうかについてのテストをしたりシステム開発において一連の作業を行うものです。

なので、ソフトウェアの他にもハードウェア、データベースなどの様々な知識と技術を持っていなければなりません。

また、プロジェクトを統括するためのマネジメントをする能力も重要です。また、役職においては、クライアントと相談して仕事を行うこともあるので、クライアントが希望するものを理解する能力やコミュニケーション能力も重要視されます。

平均年収はエンジニアとしては少し高めの475万円

アプリケーションエンジニアの平均した収入は、475万です。

一般のエンジニアの平均年収が、433万円なので、アプリケーションエンジニアの需要は高まっていると言えます。アプリを開発することにおける技術的スキルを持ち、プロジェクトリーダーとして部下を統率できるならば、より高い給料も貰えることでしょう。

また、この職業の男女の割合としては、男性が82%で女性が18%です。男性が多くいる職場と言えます。これは、想像からでもわかりますね。

アプリケーションエンジニアになるには?採用率を上げるスキル

アプリケーションエンジニアになるためには、プログラミングを行う、またはデータベースを行うといった幅広い知識が重要になってきます。そのため、コンピュータに関係することは、深くじっくりと理解していなければなりません。そのため、働くことは、容易ではないでしょう。

経験がない人は未経験OKの求人に応募してみる

しかし、経験のない方をアプリケーションエンジニアとして採用している企業もあります。 もし、あなたがアプリを開発することに興味があるのなら、経験がなくても、チャンスはあると言えます。

他の方法として、一度システムエンジニアに転職した後に少し経験を積んでから、アプリケーションエンジニアになるという選択肢もあります。この仕事で働いていくためには、自分で扱えるようにならなければいけないプログラミング言語がいくつかあります。

得意のプログラミング言語をつくること

また、どの言語を扱うかは開発するアプリケーションによって異なるのです。

プログラミング言語の理解と応用力はないといけないということが言えます。開発に必要な言語は、プロジェクトによって違うため豊富な知識があることが重要です。業務系アプリ開発ではJava、C言語、C#言語が多く利用されています。

まずは、これらの言語を理解していきましょう。Webアプリ開発では、RubyやPHPも多く使われているので、様々な言語に対応できないといけません。また、サーバーといったデータベースの知識も重要です。

スマホのアプリを開発するには、iPhone用アプリであればSwiftを使用します。Android用アプリであればJavaなどが使用されます。また、開発をしやすくするようなフレームワークを身につけることも重要です。アプリを開発するということは、新しいツールや技術が生まれるということなのです。

そのため、要求されるスキルは時代とともに変わっていきます。新しい情報を導入することが求められます。常に、幅広く情報を集め、向上心を持ちながら自分の技術を磨くことがアプリケーションエンジニアには求められることなのです。

アプリケーションエンジニアに転職する際のメリットとデメリット

ここでは、転職の際のメリットとデメリットについて紹介します。

エンジニア職の中では採用率が高いことがメリット

IT業界は、人手が足りていないため、転職し易いのです。アプリケーションエンジニアも例外ではないです。アプリケーションエンジニアに転職する際には、資格がいらないのです。これは、エンジニアが未経験の人にとっては、かなりのメリットなのではないでしょうか。

わざわざ学校に通わなくても、資格の勉強をしなくても働けるというのは、かなり楽であると言えます。

また、先程も述べましたが、未経験のエンジニアを採用している職場もあります。 未経験の人にとっては、働きやすいでしょう。

しかし、やはり、エンジニアです。資格がいらないと言っても、言語の勉強は重要です。一人前のエンジニアになるには、豊富な知識と技術が求められます。そのため、しっかりと勉強しなくてはいけません。

技術が無いと年収は上がっていかないため初めての給料は低い

やはり、技術がものを言う仕事なので、技術力が低いと給料が高くはなりません。やはり、豊富な知識と技術力を持つ人が高収入と言えます。

技術力があるのに、給料を貰えないというように職場に不満があるなら、転職するというのも悪くないでしょう。

メリットとデメリットを確認した上で転職しよう

アプリケーションエンジニアはとっつきやすいイメージのある職種です。入り口は広いですが、その分デメリットもあります。転職を決める前に、きちんと自分に合った職業なのかを判断しましょう。

関連する他の記事

TECH:EXPERT(テックエキスパート)の選考方法を詳しくご紹介!
TECH:EXPERT(テックエキスパート)の選考方法についてご紹介します。また受講するまでから卒業までの流…
ハードルが高い?リクナビNEXTで求められる経験
リクナビNEXTに掲載されている求人に合格するために、必用な経験の傾向を紹介します。現在の仕事に必要な…
SEからの異業種転職!受かる転職理由を紹介
現在SEとして働いていながら現在の待遇に不満を持っていたり、自分の将来に不安を感じているので、異業種…
2017年転職求人情報から見る!アプリケーションエンジニアの年収
アプリケーションエンジニアに漠然とした憧れがありませんか。転職先として選ぶなら必要になる資格・スキ…
pagetop