リクナビNEXTのプログラマー転職

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > リクナビNEXT求人からみるプログラマー転職に求められるもの

リクナビNEXT求人からみるプログラマー転職に求められるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビNEXTのロゴ

未経験でもプログラマー(PG)として採用してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?その条件はいくつかあります。今回は、リクナビNEXT掲載の求人から見る採用に近づく志望動機の要素と、実際にリクナビNEXTに掲載されている内容について触れていきます。

リクナビNEXTで見るプログラマーの志望動機

リクナビNEXTによると、志望動機を書く上でもっとも重要なのは、仕事に興味関心を持ち、それを継続していく力があるということを具体的に示すことです。

このとき、もちろんその内容がプログラミングとぴったり一致しているのが一番良いのですが、必ずしもそうでなくてはいけないというわけではないのです。

プログラマー転職は「好き」という気持ちが志望動機になり得る

パソコンが好きというのもアピールポイントになりえますし、プログラミングはもとを正せばものづくりと同じですから、自分が何かを作ったという実績がある、作るのが楽しいという経験をいれて書くと良いでしょう。リクナビNEXT掲載の求人を見ていても、「パソコンが好き」というだけで歓迎している企業はたくさんあります。

資格を持っているのであれば、それを取得するために一生懸命努力したことを伝え、目的達成のために自分は最後まで頑張ることができるということをアピールします。そうすると、企業側も、こんなに詳しく語ってくれているのだから、仕事を頑張ってくれるに違いない、と思ってくれます。

また、「御社のここが素晴らしいので志望した」というような、会社を褒める言葉は書かないほうが良いです。なぜなら、会社に務めている人のほうが、当たり前ですがその会社をよくわかっています。

そのため、もしあなたがこの会社はこうであると思っていても、実情とは違ったりする場面も想定されますし、そうでなくても説得力には欠けます。

あくまでも自分がPGになりたい具体的な理由、それをあらかじめ保存する経験、関心、専門知識などをアピールし、自分のやる気を論理的に示す必要があります。

リクナビNEXTで見るプログラマー仕事編

リクナビNEXTによると、PGはシステム開発の詳細設計、開発、テスト運用までを担う職種です。SEから任された仕事を元にプログラミングを行っていきます。

SEに近い仕事をするプログラマーも少なくない

プログラマーとしての経験が十分であれば、SEに近い仕事を任せられるようになります。リクナビNEXT にもそういった企業の求人はたくさんあります。

具体的には複数のPGをまとめ、進捗状況を管理するなどの仕事です。Webサイトに特化したプログラミングを行います。

また、コーディングにおいても同じです。SEが設計した仕様書をもらい、コーディングを行うのが一般的ですが、スキルが高い人は設計から計画までを一人で受け持つ場合が多いようです。

Webプログラマーに必要なプログラミング言語は、JavaやHTML、CSSなどの他にPHPやjavaScriptがあります。CSSを利用して当サイトのようなウェブサイトのデザインを変更したり、javaScriptを利用してボタンの上にカーソルが来た時に色が変わるようにしたりします。

PGは全てのシステムの基盤そして元となる大部分の設定を行う仕事です。

新卒採用の場合は、まずPG職に付き、経験を積んでからSE、PLとキャリアアップをしていきます。近頃はエンジニア不足である事もあり、求人が多く出ているため転職しやすい分野であると言えます。

リクナビNEXTで見るプログラマー転職編

エンジニアの転職には、ある程度の力、経験が求められます。

IT業界は個人の技術力が物を言う世界です。その上、転職ともなれば即戦力としての働きが期待されるため、知識やスキルを持っていることが当たり前とされているのです。しかし、リクナビNEXTだけでなくレバテックキャリアやマイナビITなど、大手転職サイトの求人情報を見てみると、「未経験OK」という求人が数多く出ています。

エンジニア不足の近年では、転職業界を取り巻く環境も大きく変化しつつある様子です。そんな2017年現在のプログラマー転職業界において、必要とされているスキルや経験とはどの程度のものなのかを知っておきましょう。

リクナビNEXTの求人でよく求められる経験はプログラミング言語を知っていること

今回は30代までのプログラマーが持っていると便利なスキルや経験について、リクナビNEXTの求人を元に紹介します。

プログラマーは個々でコードを書くことが主な仕事のため、一人でコードを書くことが出来るスキルが必須です。エンジニアの人手不足が叫ばれている現在ですので、転職求人では教育の手間がなるべくかからない人材を欲しがるのも不思議ではないです。リクナビNEXT でもとにかく人材が欲しいという企業は多く見られます。

C、C++、Javaなどの基本的なプログラミング言語はもちろんですが、仕事内容によっては専門的なスキルを持っていると大いに歓迎されます。

例えば、スマートフォンのアプリゲーム開発にはObjective-Cのスキル、パッケージアプリケーション系ならVC++などの少し特殊な言語スキルがあると有利です。

また、組み込み・制御系のプログラマーは機械内部の動作を制御するプログラミングをするためハードに関する知識が必要な場合もあります。

転職を考える際にはどのような種類のプログラマーになるのかを事前に絞って、その仕事に沿ったスキルを身に着けておくことが望ましいです。

具体的に求められているスキルはどんなものか確認することで、自分の今後の方向性も見えてくるかもしれないです。

まとめ

どうでしょうか?ここまで見て実際にプログラマーになりたいと感じた人は目指してみるのもいいかもしれません。

大事なのは実際に働く上での心構えや人間関係です。

リクナビNEXTを利用してPG転職を成功させましょう。

関連する他の記事

無料参加可能!レバテックオフィスの豪華勉強会とは
レバテックキャリアを運営しているレバレジーズが行っているヒカラボ。渋谷ヒカリエというアクセスしやす…
セールスエンジニアの仕事内容をつかみ転職の第一歩にしよう
あまりなじみのないセールスエンジニアという職業について紹介していきます。具体的な仕事内容をつかんで…
「週3で働ける求人がある?」レバテックキャリアで好条件企業を探す
レバテックキャリアには週3勤務の求人がある?働きやすい職場の選び方を詳しく紹介します!無理なく自分…
インフラエンジニアに転職するために抑えておきたい面接のポイント3つをご紹介!
インフラエンジニアに転職を考えている人の中で初めてエンジニアの面接を受ける人やインフラエンジニアの…
pagetop