SIer転職のタイミング

TOP > SIer業界のエンジニア転職 > SIerが転職を成功させるベストなタイミングとは

SIerが転職を成功させるベストなタイミングとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートパソコンを脇に抱えるサラリーマン

SIerから転職を望んでいるけど、ベストなタイミングで転職するためにはどうしたらよいのか分からないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。転職活動で悩んでいるSIerの方々は、タイミングを見図ることで有利な条件で転職しキャリアアップをすることができます。

キャリアコンサルタントを参考にSIerから転職するベストなタイミングや年齢を見ていきましょう。

SIerの知識で満足出来ないなら転職しよう

SIerから転職するベストなタイミングは、今の仕事に満足できなくなったときだといえます。クリエイティブなプログラミングがしたい!と思うようになれば、転職を考えるべきです。

SIerからWeb系への転職希望者が多い

SIer出身で、転職する人の多くはWeb系のITエンジニアを希望するようです。実際にSIerから転職したAさんの転職活動を参考にタイミングを考えましょう。

AさんはSIerからWeb系に転職しました。Web系への転職は狭き門だと言われています。しかしなぜAさんは成功したのでしょうか。Web系求人数は近年増加しているからです。

30歳以上で転職するのは難しいですが、20代後半でのキャリア変更に関しては、採用数が多いです。よってSIerからWeb系への転職を目指す人も増加しています。

このことから分かるのは、ITエンジニア転職市場において年齢は非常に重要であるということです。今の仕事に不満をもったのなら、手遅れになる前に早く転職するようにしましょう。

Web系とSIer は社風が全く異なる!自分に合っているかを確かめよう

求められている条件は、大体どの求人でも同じです。まず1つめが、若いこと。2つめが、好奇心旺盛な人です。Web系は好奇心旺盛な人材を好みます。3つ目はプライベートでも技術を学ぶ姿勢があること。Web系エンジニアの世界は、非常に早いスパンで流行が移り変わります。

エンジニアの勉強会などに顔を出して最新の情報を仕入れるようにしましょう。4つめはシステム全体の設計、構築などに興味があるかです。5つめはコミュニケーション能力です。

SIerから転職をするベストなタイミング

SIerから転職をするベストなタイミングが一番気になりますよね。タイミングを考えずに転職をすると損をする場合があるので以下の転職期のポイントを参考に転職活動を進めて下さい。

ボーナス時期を見計らいしっかりと賞与を貰って退職すること

給与の面で得をすることを中心に考える場合、ボーナス時期は大きなポイントです。IT企業でなくともどんな企業でもボーナスを貰ってから転職を進めたいですよね。

夏のボーナスや冬のボーナスなど貰えるものは貰ってからやめましょう。

退職金をしっかりと貰うこと

転職をするということは、退職金を得るということですよね。就業規則によって退職金を会社が支払う規定があります。

しかし3年から5年以上の勤続年数がない限り退職金を支払わない会社もあります。そのため会社の就業規則を把握しておくことがよいと思います。

会社の状況、納期の節目を見計らうこと

自分の事情を中心に転職活動を進めたいという気持ちがあるのは分かりますが、御世話になった会社や人のために、会社が忙しい時期に退職するのは控えましょう。

会社の忙しい時期に転職することは自分自身にとっても、会社にとっても不利益です。会社を急に辞めることであなたの代わりがいなくなり業務が回らなくなることがあります。

そのような非常事態を避けるために、退職時期の相談は会社と前もってするべきです。そうすることで会社も誠意をもって対応してくれます。

市場経済を読んでリスクの少ない転職を

転職を踏み切るときに会社のこともそうですが、市場経済も考えて転職をしましょう。景気が悪い時期に転職をすると、求人が少なく希望の会社に転職できないこともあります。

ニュースなどから情報を収集して判断するのが一般的ですが、自分自身ではよくわからないという人は転職エージェントなどに登録し、転職市場の動向をよく知るコンサルタントに話を聞くといいでしょう。

SIerから他の業種に転職した人の経験を活かしてタイミングを!

SIerからソフトウェアに転職した人の体験談を参考にしましょう。SIerもソフトウェアも定義は曖昧です。しかし小規模SIerからソフトウェア会社への転職は成功だと考えている人が多いようです。

他にもSIerからWeb系の会社に転職した人は求められるスキルが違うため知識を吸収するために常に意欲的に仕事をするようになったそうです。

SIerからWebエンジニアへ転職を成功させるために

SIerからWebエンジニアへ転職するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

ITスキルやシステム開発ノウハウは基本的な知識としてWebエンジニアの仕事でも活かされると言われています。中でも活用できる知識はビジネススキルとプロジェクトマネジメントスキルです。

SIerではプロダクト納品期限を厳守することが大切ですが、それはWebエンジニアも同じです。期限に間に合わせるビジネススキル等を活かすことが転職活動の鍵だと思います。

SIerからWeb系企業への転職成功方法まとめ

Web業界に転職する人の多くはSIerとしてのキャリアを上手に活用しています。SIerからWeb系企業への転職の成功ポイントを紹介します。

1つ目は仕事に対する積極性と自主性です。

同じソフトウェア開発の業務でもSIerとWeb系企業には大きな違いがあります。例えばSIerでは1つのプロジェクトをメンバーで分業して行うことが多いです。しかしWeb系企業では1人のエンジニアが1つのプロジェクトを全て任されます。誰かの指示で動くのではなく自分で考えて動くことが求められます。そのため積極性と自主性をもつことがSIerからWeb系への転職のポイントになります。

2つめは20代後半までに転職活動をすることです。20代後半までの採用が多いといわれています。転職を思い立ったら、素早く行動に移すようにしましょう。

以上の2点に気をつけ、スムーズな転職活動を行いましょう。

関連する他の記事

面談はどんなところで行うの?ヒカリエにあるレバテックキャリア本社を紹介
レバテックキャリアの面談はどんなところでやってるの?気になるオフィスを紹介!面談を申し込む前に確認…
JACリクルートメントはIT転職に強い?評判を徹底解剖
転職サイトJACリクルートメントの評判を見ていく。IT系の転職にフォーカスして利用者からどのような声が…
レバテックキャリアでサーバーサイドエンジニア転職はできる?
サーバーサイドエンジニアに転職するにあたって、レバテックキャリアは利用しやすいサイトなのでしょうか…
レバテックキャリア登録方法から求人紹介までのフローを解説!
ITエンジニア転職に特化した転職エージェントサービス、レバテックキャリア。イメージキャラクターに杏さ…
pagetop