SIerエンジニアがWeb系への転職に必要なスキル

TOP > SIer業界のエンジニア転職 > Web系エンジニア転職にはこのスキルを!SIerからの転職

Web系エンジニア転職にはこのスキルを!SIerからの転職

このエントリーをはてなブックマークに追加
大量のパソコンが置いてあるオフィスと作業する男性

最近では下請けのSIreには将来性が少ないと区切りをつけ、Web系エンジニアに転職を希望する人が増えてきています。

SIerエンジニアがWebエンジニアに転職する際には、どのようなスキルが求められているのでしょうか。実際に転職を成功させた人の声を元に紹介していきます。

何故今SIreからWeb系エンジニアへの転職が人気?

実際に転職エージェントを利用したSIerエンジニアを見てみると、Web系エンジニアへの転向を希望する人が多いようです。転職者の声から人気の理由を調べました。

自由度が高く自分で考えた物をすぐに形にすることが出来る

SIreの業務は代替が効くように細分化され、エンジニアに仕事が振られるという形が取られています。

例えば、運用保守(IT基盤やインフラの運用や、バグの修正など)を行っているSIerはその技術しか身につけることが出来ず、エンジニアとしての成長が為難い環境にあります。さらに自分のスキルを磨き、キャリアアップをしていきたいと考えている人にとってSIerはマッチしないであろう環境。

一方で、Web系は数あるエンジニア業種の中でも最も自由度が高いと言うことが出来る業種。向上心があり自分で仕事を作っていきたい!0から1を作り出したいという人がWeb系への転職を考えるようです。

仕事の進め方も「確実に、ミスがないように進める」SIerに対し、Web系は「スピード勝負、リリースしてからミスを適宜直していく」という方向性。そのため、転職後のギャップを感じることも多いようですが、自分が考えたものをすぐに形にしたい性分のエンジニアには楽しい職場でしょう。

一人の技術者として認めて貰える

実際にSIerからWeb系エンジニアへ転向した人は「一人のエンジニアとして認めて貰えた」と感じたそう。SIerは効率化を重視した結果誰でも出来る仕事になっているのに対し、Web系エンジニアは社内でもエンジニアの数が少なく居ないと困るポジションであることが業務の満足感に繋がっているのでしょう。

残業が少なくなる場合も多い

SIerが顧客サービスの開発・設計・運用・保持を作るのに対し、Web系エンジニアは自社内のサービスの開発・運用・保持を行います。

そのため、Web系企業によってはある程度自分の判断で仕事を進めていくこともできます。また、最近のWebベンチャー企業の中には残業を悪とする風潮の会社も多く、開けた環境で仕事が出来る企業もあります。

SIerから転職する人は増加傾向にあるが、Web系は狭き門

求人倍率を見ると、SIerのシステムエンジニアの求人倍率は2.6倍です。しかしWeb業界の求人倍率は5.1倍。実際に、転職エージェントに登録している企業のIT部門の中途採用の5割がSIerからの転向であるとのデータもあります。

転職成功者の割合は20%ほど

転職希望者が多い一方で、SIerからWeb系企業への転職を成功させている割合は約20%。転職希望者が多いからと言って、簡単に転職することができるわけではなさそうです。

しっかりとWeb系企業へ転職できるスキルを身に着けてから転職活動に踏み切ることが大切だと言えます。

SIreからWeb系エンジニアへ転職するために必要なスキル

それでは、SIerからWeb系エンジニアに転職する人に求められているスキルとはどのようなものなのでしょうか。実際の転職求人情報を参考に紹介していきます。

JavaやPHPなどの幅広いプログラミング言語知識

SIerからの転職で陥りやすいのが「プログラミングが出来ない」という問題。正しくはプログラミングが出来ないではなく、「SIerのプログラミングはWeb系エンジニアの行うプログラミングとは違う」なのかもしれません。

というのも、SIerはご存知の通り仕事が細分化されており、プログラミングの一部しか担えないことが多くあります。SIerで行っているような部分的なプログラミングスキルは、設計から運用・保持まで行うことの多いWeb系では通用しないこともあるというわけです。

転職でWeb系エンジニアになるには最低限Java(最も使用頻度が高い言語)、PHP、Rubyあたりは抑えておきましょう。

Linux

Linuxを使用出来ないSIerエンジニアがLinuxのシステムを作っていた、なんて話もありますが、Web系の開発で使用されているサーバーの殆どはLinux系です。基本知識・操作が出来るスキルを持っているとすんなりと仕事を移すことが出来るでしょう。

また、WebはサーバーではなくコマンドラインでLinuxを使用するので、操作についても確認しておくと良いでしょう。

新しい英語力

Web業界はIT技術の変化に大きく影響されます。

新技術の仕様書は大抵英語(日本語に翻訳される頃には遅い)のため、英語が出来なければ最先端の技術に対応できる柔軟なエンジニアになることは出来ません。

転職の際はTOEICや英検などで自身の英語力を積極的にアピールしていきましょう。

Web系エンジニアのスピードについていけるよう常に新しいスキルを磨こう

Web系エンジニアの開発環境は非常に早いスパンで回るため、SIerからの転職者はそのギャップに戸惑うかもしれません。

Webエンジニアとして働くには、常にプログラミング言語や開発環境に関する情報を取り入れる必要があります。そのため、転職者にも積極的に学ぶ姿勢が求められています。

SIerから転職する場合、向上心をアピールするために資格の取得や成果物を作るなどの施策が効果的です。

Webエンジニアの方はリクナビNEXTを利用すべき!

公開求人数10,000件以上対応地域日本全国、海外
非公開求人80%職種システム開発(Web・オープン・モバイル系)
強い業界ITエンジニア設立2001年

先ほど説明したようにWebエンジニアを目指す方は新しいスキルを磨くことが重要であるとお伝えしました。

その後、スキルを磨いた後は求人を探さなくてはいけません。

そこで役に立つのが「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは担当のキャリアアドバイザーがいるため自分のペースで転職活動を行えます。

また、様々な職種によって分けているのでWebエンジニアなどの自分の希望する職種が見つけやすい形になっています。

そのためぜひ、活用してください。

関連する他の記事

ITコンサルタントの転職時に役立つ求人情報
エンジニアとして働きてきた経験を活かして、ITコンサルタントとして活躍するキャリアを選択することもで…
レバテックキャリア登録方法から求人紹介までのフローを解説!
ITエンジニア転職に特化した転職エージェントサービス、レバテックキャリア。近年、利用者数を伸ばしてい…
DODAエンジニアITを使ってセールスエンジニア転職をする方法
ITエンジニアの中でもニッチな職種であるセールスエンジニア(プリセールス)。DODAエンジニアITを利用し…
全国のリクルートエージェント面談場所を紹介!用意しておくこととは
転職サービス大手のリクルートエージェントの面談に迫る。面談の場所や面談の内容について解説していきま…
pagetop