SEがJavaを活かして転職

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > Javaを有効活用したSE転職!スキルで年収アップを狙う

Javaを有効活用したSE転職!スキルで年収アップを狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンとスマートフォン

現在SEとして働いている人の中には、転職を考えている人も少なくないと思います。どうせ転職をするなら今まで培ったスキルやけ経験を生かしていくことがオススメです。

SEの人はおおくの言語に触れる機会があると思いますが、Javaを活かした転職がオススメです。今回はSEがJavaを活かした転職するメリットにつて紹介します。

SEからの転職はJavaを扱えたほうがいい

SEの需要はどんどん高まっていています。しかし、労働環境や仕事の多さから、転職者も多くいます。SEの場合、転職活動を行う上で自分がどの程度なんの言語を扱えるのかは採用にも大きく作用します。

最近はJavaが人気

Webサーバーサイドを実装する言語はRudyやPHPなど様々なものがあります。その中でも、1番の処理能力と高い汎用性ものがJavaです。

そのためスマホゲーム開発やオンラインゲームの開発にはJavaを採用しているところが多いです。また、Androidアプリの開発言語はにも、採用されているのでこれからの需要はますます高まるでしょう。

Javaの経験が一番有利になるのはインフラエンジニア

インフラエンジニアは市場が小さいので、一度市場に参入してしまえば仕事を誰かに奪われることはほとんどありません。また、クラウドサービスの発達によってインフラエンジニアの需要も年々高まっています。

これに併せてJavaが使用できるエンジニアの求人数も増加傾向にあります。インフラエンジニアには、ほかにもLL言語やC言語のシェルプログラミングの知識も必要になってくるのでSEからの転職で知識があまりない方は勉強しなければなりません。

JavaのスキルはどのくらいあればSEの転職に有利なのか

採用の際に、SEの人がどの言語をどの程度扱えるのかは重要視します。ここでは、企業が求めるJavaのスキルなどについて説明していきます。

知識や経験を証明できるようにしておく

求人などに記載がある場合などは特に、採用担当はJavaに関する知識や経験がどの程度あるのかを聞かれます。言葉で説明するだけでは信用にかけるので、資格など目に見える形や前の会社での実績などを用いて示すことが効果的です。

資格ではOracle認定Java資格というものがオススメです。また、転職エージェントなどに登録して担当者の方と相談してどのようにアピールしていくか相談していくのも一つの手だと思います。

スキルだけをアピールしてもダメ!

採用する側としてはJavaのスキル以外にもコミュニケーション能力やマネジメント能力も求めています。キャリアアップを考えた時、プロジェクト全体の管理を任せられるようなマネジメントスキルを持った人材はどの企業からも重宝されます。

Javaだけのスキルというよりは、経験や実績などからわかるスキルがあったほうが企業の求人とマッチしやすくなります。

SEがJavaのスキルを活かして転職先を見つけるためには

今、SEとしてもっているスキルを活かしながらキャリアアップを狙うためには今の職場に満足しないで転職することがおすすめです。転職する際はエージェントを利用することによってより良い職場に行くことができます。もちろんSEだけでなく、SE以外の仕事ができる環境もあります。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットについて説明します。

自分の希望に合った求人を紹介

転職エージェントでは、登録後にヒアリングを行います。内容としては希望職種、年収や勤務地などです。

後日その内容に当てはまる求人ばかりを紹介してもらえます。大手のサイトには何万という求人があるのでその中から厳選してくれるのは有難いですね。

紹介求人の中には、非公開求人のもあります。非公開求人は一般ではお目にかかれないような求人があります。もちろん、そういった希少な求人をすべて紹介してもらえるわけではないですが、自分の条件と企業が求める人物像が合致していたら紹介してもらうことができます。

働きながらでも転職活動をスムーズにできる

新しい職場を探すのは、なかなか大変ですよね。とくにSEとして働いる人は残業があったりと時間が作りにくいと思います。

そのなか、履歴書を書いて面接日を調整してなどやっていたら大変だと思います。転職エージェントでは、担当者の方が履歴書や面接を確認して指摘してくれたり、面接日の調整など一人では大変な作業をすべて行ってくれます。

まとめ

ここまでSEのかたが普段から扱っているJavaの需要が増えていることから転職する際にはエージェントを活用したほうがいいことなどを説明してきました。

SEとしてJavaをある程度扱えるなら、転職がオススメです。しかし、それだけではアピールとしては少し弱いのでSEとしての経験も交えてアピールすることでいまとはまた違った環境で働くことができます。

また、転職エージェントをうまく活用していくことで、自分の条件に合った仕事や職場を見つけやすくなります。自分に合った職場でSEとしてのキャリアアップをしていきましょう!

関連する他の記事

アドバイザーが転職を左右?レバテックキャリアの賢い使い方
レバテックキャリアのキャリアアドバイザーを最大限に活用する方法を紹介!転職活動をスムーズに行うため…
大阪に多いエンジニア求人の職種・傾向
西日本最大級の都市・大阪は、さまざまなエンジニア案件があります。女性エンジニアを求める企業もあり、…
ITエンジニアの転職に適した年齢・年代はいくつまで?本当に20代~30代が適切なのか
スムーズな転職を考えるなら転職時の年齢は大切です。ここでは、ITエンジニアが転職を成功させるためのポ…
リクナビNEXTを退会してみた!再登録はできるのか
リクナビNEXTは求人数も多く利用者も国内最大規模の転職サイト。メールが多くて面倒くさい…という理由で…
pagetop