プロジェクトマネージャーの転職タイミング

TOP > プロジェクトマネージャーの転職 > プロジェクトマネージャーが転職するベストタイミングとは?

プロジェクトマネージャーが転職するベストタイミングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
書類を見るエンジニア

ITエンジニアのプロジェクトマネージャーが転職を考える時期で定番なのは、担当プロジェクトが終了した頃ですよね。しかし、担当プロジェクトが終わったタイミングが採用市場においてベストなタイミングというわけではありません。ではITエンジニアのプロジェクトマネージャーの転職のベストな時期とはいつなのでしょうか。ベストなタイミングを考えていきましょう。

どのようなプロジェクトマネージャーが求められているのか?

今回ITエンジニアのプロジェクトマネージャーのベストなタイミングを探すために、人材紹介会社の説明を参考に見つけていきます。

キャリアコンサルタントの考え方では、現在ITエンジニアの市場は非常に好況です。景気回復が本格化しつつあり、特に自動車に関連した製造業が好調であること、そして金融をはじめ様々な企業のシステムがリプレース時期にあることが要因だそうです。よってシステムインテグレーター(Sler)を中心にITエンジニアのプロジェクトマネージャーが求められているといわれています。

いったいどのようなプロジェクトマネージャーが求められているのでしょうか。転職の時期について考える前にそこから考えていきましょう。テクノプレーンのキャリアコンサルタントによると、大手Slerが数100人規模の中途採用を始めている状況です。ここ数年でかつてない程の規模の大きさです。特にプロジェクトマネージャーの募集が多いです。

転職の狙い目は6月と7月

6、7月という時期は転職希望者にとって動きやすい時期です。新年度から2~3ヶ月経過し、新人研修なども終わりを迎えます。そして次の新卒採用も落ち着く時期です。この時期は人事担当者に時間的な余裕が生まれて、中途採用や補充採用のために転職を希望するITエンジニアのプロジェクトマネージャーの中には夏のボーナスをもらってから次の会社に転職したいと考えている人もいますよね。夏を迎える前の6、7月に動き出すことがよいでしょう。

プロジェクトマネージャーとしての責任感は大切?

2~3ヶ月程かかるプロジェクトならば、4月にスタートすると6、7月には一段落しますよね。そこでそろそろ転職を始めようとすると、自分がプロジェクトマネージャーとして携わっているプロジェクトが気がかりになってくるはずです。プロジェクトが途中であったとしても自分にとって条件の良い転職先が見つかったならば、転職してもいいのかどうか迷うはずです。途中で辞めるとプロジェクトを途中で投げ出したプロジェクトマネージャーという噂になって後の転職先でも悪いイメージがついてしまうのではないかという不安がありますよね。

キャリアアップに繋がらないプロジェクトをダラダラ続けるのは無意味

やはりプロジェクトマネージャーとしてのプロジェクトを終わらせてから転職することが理想的です。しかし考えるべきことは自分が携わっているプロジェクトが自分のキャリアアップにつながっているかどうかです。例えば、新卒で入社して3~4年経過しても同じようなプログラミングを担当しているのであればキャリアアップは望めませんよね。プロジェクトにプロジェクトマネージャーとして携わるかどうかは、自分がそのプロジェクトでどのようなスキルを身につけたいのか、自分の目指すべきキャリアにとってプラスとなるかを基準に考えることが大切です。そのような基準でプロジェクトを見ると、プロジェクトをそのまま続けるべきか、途中でプロジェクトを辞めるべきか判断ができます。

プロジェクトマネージャーとして不満を抱きながら仕事を続けていると年齢が30歳を声、転職困難な状況になります。

なによりも自分のプロジェクトマネージャーとしキャリアアップをすることが大切です。

キャリアパスが明確になったら転職しよう!

転職のベストタイミングを逃さないために、目標をたてて、ステップアップを図ることが重要です。その目標を定める過程で一番重要になることは、自分のキャリアパスの構築とともに、顧客となる企業の利点についても考えるべきだとされています。例えばなぜ新しい会社でプロジェクトマネージャーを目指すのかについて、再度確認すべきだということです。その過程で顧客にどのようなメリットを与えられる、自分がプロジェクトマネージャーになったら、よりよいシステムをコスパ良く構築できるなど、自分が目標を達成することで顧客にどのようなメリットを与えられるか考えましょう。自分の目標を語ることができるプロジェクトマネージャーが求められています。ITエンジニアのプロジェクトマネージャーにとっては、夏前の時期は転職活動を積極的に行える時期であるようだ。しかしITエンジニアのプロジェクトマネージャーにとって大切なのは季節的な要因ではなく、自分のキャリアパス、市場価値と合わせた自分にとっての転職ベストタイミングを探すことである。自分本位の視点だけでなく、自分がプロジェクトマネージャーとして顧客にどのような良いサービスを届けられるかという視点をもつことがよい。

自分の将来を第一に早めに転職活動をしましょう。

関連する他の記事

大阪に多いエンジニア求人の職種・傾向
西日本最大級の都市・大阪は、さまざまなエンジニア案件があります。女性エンジニアを求める企業もあり、…
転職したアプリケーションエンジニアが活躍出来る業種・業界を厳選紹介
アプリケーションエンジニアは大規模なアプリ開発市場に属しますが、将来性やスキルアップに難があります…
Linux開発エンジニアの平均年収とキャリアアップについて
Linux開発エンジニアはマーケット拡大に伴いその需要が高まっています。今回はそんなLinux開発エンジニア…
Web業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
爆発的に普及しているインターネットのなかで、多くのエンジニアが日々新たな製品・サービスを生み出し続…
pagetop