Javaを身につけたITエンジニアを対象とした職種別の転職情報

TOP > Javaを使った転職 > Javaを身につけたITエンジニアの転職に向いている職種3選

Javaを身につけたITエンジニアの転職に向いている職種3選

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーボード

Javaを身につけたITエンジニアは安定して企業から求人が出されるほど人気の職種です。

実際に転職する際にも、Javaエンジニアとしての知識や経験は非常に役立ちます。

ここでは、JavaのスキルがあるITエンジニアにオススメする職種をその特徴とともに3つ紹介します。

Javaのスキルを最大限に発揮できるインフラエンジニア

クラウドサービスの登場によってインフラエンジニアの需要は高まりつつあります。

インフラエンジニアはどういったものなのか、特徴をみていきましょう。

インフラエンジニアは実務経験が物を言うので希少性が高い

インフラエンジニアには非常に高度な知識や経験が必要ですが、それらを独学で学ぶことは難しく、経験がものを言う世界なので参入することが難しいのが現状です。

そのため、現在インフラエンジニアは希少性が非常に高いと言えます。

また、システムを作れるインフラエンジニアの需要は高くなっており、Javaを習得しているITエンジニアにとっては独壇場となるでしょう。

参入は難しいですが、一度入ってスキルや経験を身につけてしまえば需要の高い人材になれる可能性を秘めている夢のあるのがインフラエンジニアです。

ちなみに平均年収も一般のシステムエンジニアやプログラマーと比べても高くなっているので、収入の点でも夢があります。

現状ではインフラエンジニアの絶対数は少ない

現状ではITエンジニアの求人の中でもインフラエンジニアの求人数は少ないです。

そもそもインフラエンジニアのポジションの絶対数がそこまで多くないので、それだけ求人も少ないということです。

ITエンジニア全体の求人数と比べると求人数は少ないですが、ITにおける根幹ともいえるものですので、転職すれば今後の職に困ることもありません。

転職売り手市場のサーバーサイドエンジニア

システムの根幹を開発するサーバーサイドエンジニアはITエンジニアの中でも転職に向いている職種です。

インフラ処理は変化が少ないため転職に強い

サーバーサイドエンジニアはその名の通りサーバー側の処理を実装するエンジニアです。

そのため、身につけた技術が変わりにくいことが特徴となっています。

たとえば、クライアントエンジニアの場合は、スマホの登場以前はWebブラウザが中心だったためHTML・CSS・JavaScriptなどを使っていましたが、スマホの登場によってアプリが急速に発達しSwift・Objectibe-C・Javaが中心になりました。

この時にクライアントエンジニアは新しい言語を覚えないといけませんが、サーバーサイドエンジニアがサーバー側の処理をすることはWebブラウザからアプリになっても変わらないので新しい言語を覚える必要はありません。

スキルによっては年収1000万円以上も目指せる

サーバーサイドエンジニアはスキルによって大きく年収が異なってきます。

平均年収は500万円程度となっているのですが、これはあくまで平均でありスキルや経験によってもっと多くの年収をもらうことができます。

スキルや経験が評価されている人の中には年収1000万円以上の人もいるので、自分のスキルを磨くことが年収に直結すると考えて問題ないでしょう。

また、年収が高くなるコツとしては新しい技術の知識やスキルを持っていると、希少性が高く人材としての評価も高くなります。

ITエンジニアの中でも需要が高まるアプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアはスマートフォン普及の影響で現在需要が高まってきています。

スマホやタブレット端末の普及により需要も高まっている

ソーシャルゲームの人気なども相まってスマホアプリの需要も爆発的に高まりました。

その人気は衰えることなく現在も日々多くのスマホアプリが生み出されています。

そんな状況なので、スマホアプリを制作するアプリケーションエンジニアの需要も非常に高くなっています。

GoogleによってスマホのAndroidアプリの開発にはJavaが採用されています。

求人数も多いので、Javaが扱えるITエンジニアは非常に転職がしやすいです。

Googleの後ろ盾もありこれからも高い需要が続いていく見込

上でも少し触れましたが、スマートフォンのAndroidアプリの開発言語にはJavaが採用されています。

Googleが決めたことであるため、よほどのことがない限りはAndroidアプリの開発にJavaの使用が変更されるということはなく、Javaが使えるITエンジニアの存在はまだまだ需要の高い状態が続きそうです。

また、アプリケーションエンジニアの平均年収は2014年には433万円でしたが、2015年には475万円になっています。

わずか1年で42万円も平均年収が伸びていることからも、これからますます需要が高まっていくと予想されます。

汎用性の高いJavaは転職するなら確実に持っておきたい言語

Javaを扱えるITエンジニアの需要は高く、求人も非常に多いです。

求人の職種によって様々な特徴があり、どの職に転職するかによって転職の難易度もその後のキャリアプランも大きく異なってきます。

インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア・アプリケーションエンジニアの3つはJavaの扱えるITのエンジニアのなら転職も有利になるのでぜひ検討してみてくださいね。

関連する他の記事

リクナビNEXTは社内SE転職に最適なのか?
社内SEに転職するにあたって、リクナビNEXTは使用しやすいサイトなのでしょうか。今回は実際の求人を見な…
dodaがオススメする必勝面接対策について徹底解説!!
転職活動者なら誰もが共感する面接に対する不安!緊張した中で、100%の自分が出せるかという不安に対…
レバテックキャリアは40代でも使える数少ない転職エージェントだった!
40代のエンジニアでも使える転職エージェントは多くありません。そんな中でしっかりとサポートをしてくれ…
レバテックキャリアの口コミ評判とは?登録から退会まで潜入解説
レバテックキャリアの登録方法から退会方法までをどこまでも詳しく実況解説!エンジニア転職のプロである…
pagetop