いま話題!リクルートエージェントの便利なアプリとは

TOP > おすすめ転職エージェント > リクルートエージェント > 求人紹介がウザいならリクルートエージェントのアプリを使おう

求人紹介がウザいならリクルートエージェントのアプリを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクルートエージェントのロゴ

転職の求人を探す手伝いをしてくれる転職エージェント。エージェントの数はたくさんありますが、サービス内容は似たようなものであることが多いです。

そんな中で、オリジナリティを発揮しているのがリクルートエージェントのサービス。リクルートエージェントは、専用のアプリを使用して求人紹介を管理しています。

今回は、そんなユニークなサービスを紹介いたします。

リクルートエージェントは大手の転職エージェント

リクルートエージェントとは、大手リクルートが行っている転職エージェントサイトです。ITエンジニアに特化したものではありませんが、全体の求人が10万件を超えているため、ITエンジニア職の求人案件も豊富。他の転職エージェントと比較してもこの求人数は膨大なものです。

転職成功実績は転職エージェントの中でNo.1。純粋に利用者数が37万人を超えているという母数の大きさも関係あるかとは思いますが、その実績は利用者側からしても安心できるものですよね。

希望の案件をエージェントが探してくれる

リクルートエージェントに登録すると、まず面談を行う流れとなります。この面談の場で、自分の希望する転職先の条件(給与、ポジション、職種、地域など)や、自分の強みとするもの(スキルや経験)を伝えます。

その情報を元に、エージェントが希望に沿った案件を探してきてくれるようになっています。

履歴書の書き方や面接対策までサポート

転職エージェントの利用をお奨めできる人は、転職初心者と、仕事をしながら活動している人です。

まず、転職初心者の人は、求人探しから自己分析、面接対策、履歴書の書き方など分からないことだらけかと思います。そういったところのノウハウやコツを、面談の中でエージェントから教えてもらうことが可能です。

時間がない人の代わりにスケジュール調整も

仕事を続けながら転職活動を行う場合、面接の日程の調節などのスケジュール管理が大変になってきます。一般的には複数の企業を並行して受けることとなるため、スケジュール調整、面接が入り混じり、混乱をしてしまう人が多いです。

その面倒くさい工程を、転職エージェントに全て任せることが可能。忙しい人がスマートに転職活動を行うためにはエージェントの利用が必須なのです。

エージェント利用で憂鬱な求人管理をアプリでスマートに行おう

転職エージェント利用の際に憂鬱なのが求人管理。知らないうちにメールボックスに求人案件がたまっている、電話がたくさん来るが出ることができない、など、ストレスがたまりやすいポイントです。リクルートエージェントは、この求人管理をアプリで行うことが可能。他のメールに埋もれる心配なく、スマートに管理することができます。

求人から応募までできるパーソナルデスクトップ

エージェントの利用経験の多い筆者が「便利だなー!」と思ったのはパーソナルデスクトップというアプリ。キャリアアドバイザーから来た非公開求人が一覧になって確認することができます。プッシュ通知で知らせることもできるので、新着求人を見逃すこともありません。

紹介された求人がワンタッチで見ることができるので時間短縮にもなります。返信機能もついているため、外出先などの短い時間でレスポンスすることも可能です。

経歴書作成もソフトで簡単につくれる

リクルートエージェントが押し出しているもうひとつのツールが「レジュメnavi」です。これはスマホのアプリではありませんが、パソコンでダウンロードすることができます。

レジュメnaviの指示通りに記述をしていくと、しっかりと形式に沿った経歴書を書くことが可能。初心者にとっては時間のかかる作業なので、フレームがあると非常に作業が楽になります。

ここで気をつけておきたい点は、しっかりと企業の求める人物像に沿った経歴書を書くこと。フレームは守りつつ、内容でオリジナリティを出しましょう。

面接力向上セミナーなどアプリ以外のユニークなサービスも

リクルートエージェントは大きなエージェントなだけあって、求人紹介以外のサービス周りにも長けています。今回は、そんなユニークなサービス周りも紹介いたします。

面接の通過率を引き上げる特別セミナー

リクルートの調べによると、受講者の面接通過率を約15%ほどもアップさせたというこのセミナー。通常の面接対策というと、ドアのノックの仕方、受け答え方など印象を左右する表面的な部分を補うだけですが、このセミナーでは「面接選考とは何か」という深い分析から始まります。新卒採用と中途採用のポイントの違い、採用担当者はどんなことを考えているのか、そういった真髄の部分を理解することで、企業の視点で面接を受けることを可能にします。

第三者的な意見が見れるエージェントレポート

求人を探す時に不満なのが、情報の偏り。企業が出している情報は多かれ少なかれ企業が魅力的に見えるように書かれているに決まっているので、それだけを鵜呑みにして就職してしまうと、「言っていたことと違う」という入社後のギャップ戸惑ってしまう可能性もあります。

そこで便利なのがリクルートエージェントのエージェントレポート。エージェントが分析したオリジナルの情報を得ることができます。その企業ではどのような人材が活躍しているのかなどの情報も載っているので、経歴書作成の際にも役立てることができるでしょう。

スマートでストレスのない転職を!

転職エージェントは自分でやらなくてはいけない求人探し、スケジュール管理などを代行してくれるため便利である一方、情報の多さに混乱してしまうというマイナスの一面もあります。

できるだけスマートに活動ができるよう、エージェントサービス周りのツールを有効に活用しましょう。

関連する他の記事

リクナビネクストは職歴がないと転職できない?
リクナビネクストは転職希望者向けの求人サイトのことです。今回、この求人サイトは職歴なし、既卒者でも…
ITエンジニア転職初心者が心がまえるべき3つのポイント
エンジニアが初めての転職の際に心がまえるべきポイントとは?意識を少し変えるだけで転職のしやすさがか…
レバテックキャリアの面談ではどんな話をするの?
転職エージェント、レバテックキャリアはどんな優位性があるの?面接ではどんな話をするの?レバテックキ…
JACリクルートメントで未経験転職はできる?
ハイキャリア向けの転職エージェントサービス、JACリクルートメント。未経験ジャンルへの転職サポートは…
pagetop