レバテックキャリアでアプリケーションエンジニアに

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > アプリケーションエンジニアになるならレバテックキャリア一択?

アプリケーションエンジニアになるならレバテックキャリア一択?

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバテックキャリアのロゴ

IT業界に特化した転職エージェントとして急上昇中のレバテックキャリアですが、今回はアプリケーションエンジニアへの転職を目指す際にもおすすめなのかというポイントを解説していきます。

レバテックキャリアに掲載されている求人の特徴から転職の秘訣までお教えします。

レバテックキャリアには大企業の優良案件などアプリケーションエンジニアの求人が多数

まずは、レバテックキャリアにどんなアプリケーションエンジニアの求人が掲載されているのか確認していきましょう。

公開求人だけで300件以上!

レバテックキャリアには職種としてアプリケーションエンジニアというカテゴリーが用意されており、2017年9月現在で、316件の求人が掲載されています。

webアプリケーション開発からスマートフォン向けアプリの開発など様々な求人が掲載されています。また、大企業の求人からベンチャー企業の求人など様々な規模の会社から求人が集まっています。

また、これは公開求人に限った話であり、魅力的な非公開求人が多いのもレバテックキャリアの特徴です。みなさんが希望するような職場を見つけることも難しくないでしょう。

スキルや経験に応じて同じ求人でも年収が大きく変わるのも特徴

転職する際に、もっとも気になるポイントの一つはやはり年収が上がるのかということでしょう。レバテックキャリアに掲載されている求人は想定年収の幅が広いのが特徴です。

具体的には400万円~700万円というような200万円以上の差のある求人が多く掲載されています。あなたのスキルとキャリアコンサルタントを活用ししっかりと年収交渉などをしていくことによっていまより高い年収を得ることも難しくないでしょう。

働き方や服装も自由なことが多い

IT業界の魅力の一つだと思いますが、アプリケーションエンジニアであっても服装自由という求人やフレックス勤務を導入している求人も多いようです。

実際にレバテックキャリアには服装自由やフレックスという条件を満たす求人が167件掲載されており、過半数の求人が堅苦しくさのない働き方ができる求人なのです。

こうした条件へのこだわりをもった方も転職を目指しやすいホワイトな職種といえるかもしれません。

アプリケーションエンジニアの特徴や求められているスキルとは

それでは続いて、実際にレバテックキャリアに掲載されているアプリケーションエンジニア求人の特徴や求められているスキルなどを確認していきましょう。

javaが一番評価される開発言語

先ほど紹介したようにwebアプリケーション、サーバー向けソフト、スマートフォン向けアプリをはじめとした一般向けアプリケーションなど、レバテックキャリアにはさまざまな業務のアプリケーションエンジニアが募集されています。その中でも汎用性が高いためか、javaを開発環境として提示している求人が多いです。

もちろんphpやobjective-C、C+、C#、swiftなど様々な言語の求人が掲載されていますが、やはりjavaがもっとも評価されている開発環境となっているようです。実際に316件のアプリケーションエンジニアの求人のうち199件がjavaを開発環境として提示しているのです。

利用する言語での開発経験は必須

アプリケーションエンジニアの募集では基本的に即戦力となれる人材が募集されており、細かく開発インフラ、フロントエンド、フレームワークを公開し条件に合う人材を募集していることが多いようです。

レバテックキャリアに掲載されている求人には2年以上の経験など具体的に指定しているものも多く、また大学でのコンピューターサイエンスの学位を実務経験の代わりに評価する企業もあるようです。

レバテックキャリアには非常に多くの種類の求人が掲載されており自分の経験を活かせる求人を探すことは難しくないでしょうから、自分の経験が活かせる求人を選ぶことが転職をスムーズに進めるためのカギとなるでしょう。

サービスを生み出したいという積極性も求められている!

発注書に従ってプログラミングだけをするのであれば、インドや中国など海外にデリバリーセンターを作って発注したほうが安いです。現場でプログラミングをする人材に求められているのは積極的に新しい機能やUIについて提案をし、主体的に開発に携われる人材です。

ですから、実際に掲載されている求人を見てみても「サービスを自分で生み出したい方」といった人物像が求められています。そうした個性をアピールすることが転職成功への第一歩となるでしょう。

レバテックキャリアはアプリケーションエンジニアを目指すのにオススメ

やはりレバテックキャリアはIT業界に特化しているというだけあって求人数やその種類でも優位なところが多いです。

また、当然エンジニアならでは悩みやキャリアプランニングに精通したコンサルタントとのカウンセリングも受けることができるのがレバテックキャリアの魅力ですね。

手厚いサポートを活用すれば、みなさんが希望するアプリケーションエンジニアになることも難しくないでしょう。


レバテックキャリアのサービスをもっと知る→【レバテックキャリアの詳細】

関連する他の記事

Web系に転職して後悔している?後悔理由3選と後悔しない為の方法ご紹介
Web系に転職したけど、既に後悔している…そのように感じている方が実は少なからずいます。こちらの記事…
Javaの資格は必要?Javaエンジニアに最適な転職方法を徹底解説
Javaの資格って転職に必要なの?そんな心配をされているエンジニアの方は多くいらっしゃると思います。今…
ITエンジニアが転職を考えるきっかけとは
エンジニアの方が転職しようと考えるきっかけは何があるでしょうか?実際に転職をした人のきっかけについ…
大阪でのエンジニア転職はDODA!求人数や傾向を紹介
DODAは大阪のIT系職種に転職する場合でも使えるのでしょうか。勤務地が大阪の求人数、求人の種類、その傾…
pagetop