プログラマー転職にtype転職エージェントは向いているか

TOP > おすすめ転職エージェント > type転職エージェント > type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか

type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
type転職エージェントのロゴ

type転職エージェントを使うことで自分が望んだ転職ができるのでしょうか。プログラマー転職の求人の数や質などの特徴は何でしょうか。今回は、type転職エージェントが提供しているプログラマー求人に関してまとめてみました。

type転職エージェントはプログラマー求人があるのか

type転職エージェントに載っているプログラマーの求人は約210件でした。DODAエンジニアITに掲載されているのが73件、レバテックキャリアは47件であることを見ると、type転職エージェントは求人数がかなり多いことが分かります。業界全体として求人が少ないと言われている中、type転職エージェントではこの求人数を誇っています。

ソーシャルゲームがゲーム市場の殆どを占めている

現在、ゲーム市場のほとんどをスマートフォンやタブレット端末を利用してプレイできるアプリゲームが占めています。実際に、LINEやコロプラといったソーシャルのアプリケーションゲームを開発した企業はぐんぐん伸びているという状況があります。

また、アプリケーションゲームは新規参入もしやすい市場であるので、多くのベンチャー企業が市場参入を狙っています。

必須の技術力

ゲームを開発するプログラマーになるためには、まずはC言語、アルゴリズム、デバック技法、データ構造、C++、数学やOSなどといったたくさんの知識と技術が必要です。

そのために、大手企業となるとプログラマーが「ゲームプログラマー」「UIプログラマー」「サウンドプログラマー」などと細分化されます。これによって、純粋なプログラマー職の求人は少ないと言えます。

人気企業は非公開求人

ゲームプログラマーになりたいと考えている人の多くは任天堂やスクエアエニックスなどの大手企業を想像していると思います。このような大手企業の求人はあったとしても公開求人に掲載されることはほとんどありません。

しかし、キャリアがちゃんとある人を効率的に採用するため、type転職エージェントなどに非公開求人として求人情報を出している可能性はあります。

プログラマー求人にはどのような特徴があるのか

type転職エージェントなどの転職エージェントでは、非公開求人があるとは言え、公開求人数が比較的少ないプログラマー求人。転職を検討するのであれば、ひとつひとつの求人を細かくチェックして、選んでいきましょう。

タイトルは非公開のものがほとんど

ゲームプログラマーになりたいと考えている人が1番気になるのは自分が開発に携わるゲームのタイトルです。しかし、type転職エージェントに載っているほとんどの求人では「非公開タイトル担当」と表示されています。ゲームはタイトル発表に注目が集められるものですので、発表前に情報が漏れてしまうことはなんとしても許されないことです。タイトル名を載せて求人情報を出していると、情報拡散されかねないので、リスクを減らすようにタイトルは非公開にしています。

また、人気のゲームタイトルを公開すると、求人が殺到し、採用にコストがかなりかかってしまいます。それを防ぐためにも非公開にしています。

他業界のエンジニアと比較して年収低め

大手企業をのぞき、ほとんどの企業でのプログラマーの年収は低いです。32歳プログラマーの平均年収は400万円程度。そんなに低くないと思われるかもしれませんが、ゲーム業界の一人あたりの仕事量と比較するとこれは低めとなっています。

根っからゲームが好きで根気がないとなかなか継続しにくい仕事かもしれません。

求められる仕事は多い

C言語を始めとする様々な言語を扱ったプログラミングをします。また、英語も必要なスキルとなっています。日本のゲームは世界の中でも人気で評価も高く、海外展開が当たり前になってきているので英語も身につけたいスキルです。

type転職エージェントの求人にはどんな特徴があるのか

エンジニア向けの転職エージェントであるtype転職エージェント。サイト上に掲載している求人は他の転職エージェントと比較して少ないが、非公開求人は約2,000件以上と言われています。特に、通信やIT・Web系のエンジニア転職に強いのがtype転職エージェントの特徴です。

type転職エージェントは、IT転職の豊富な実績とエンジニア専門のアドバイザーの存在。長年、IT業界の転職中心にやってきた実績からIT企業からの信頼が高く、転職を有利にすすめることができます。

転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーは、IT系をはじめとした各業界、業種ごとに分かれた専任制をとっているので、エントリーシートの書き方から模擬面接まで、応募する職種に合ったサポートを受けられる。

残念ながら、type転職エージェントの対応エリアは関東に限定しており、地方で転職を考えている人には向いていません。しかし、転職成功者の年収アップ率は71%と、転職エージェントの中でも高い成績を残している。

IT系の転職であれば、ぜひtype転職エージェントを利用してみてください。


関連する他の記事

履歴書を書くときに「ITエンジニアの強み」をアピールしやすい項目とは
技術職であるITエンジニアは、転職時にスキルの証明を求められることが多いです。具体的な経験やスキルを…
インフラエンジニアに転職するために抑えておきたい面接のポイント3つをご紹介!
インフラエンジニアに転職を考えている人の中で初めてエンジニアの面接を受ける人やインフラエンジニアの…
オンラインプログラミングスクールの選び方! おすすめのオンラインプログラミングスクール5校をご紹介!
プログラミングスクールならオンラインで通うことをおすすめします。特に最近はコロナの影響でオンライン…
プログラマーのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を
転職によるプログラマーのキャリアパス・キャリアプランはどのように立てれば良いのでしょうか。この記事…
pagetop