レバテックキャリアでブラックを避ける

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > ブラックが多い?レバテックキャリアを利用した好条件転職の方法

ブラックが多い?レバテックキャリアを利用した好条件転職の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバテックキャリアのロゴ

もうブラックな職場は嫌だと思っているITエンジニアの方も多いのではないでしょうか。SEとして働いていくのなら仕方がないと思っていませんか。

今回はレバテックキャリアを通じて、SEとしての経験を活かしながら好条件な職場に転職するすべをお教えします。

レバテックキャリアってどんな転職エージェント

ITエンジニアの方なら名前は聞いたことがあるという方も多いでしょう。IT業界に特化したエージェントであるレバテックキャリアがどのような転職エージェントなのか、SEとして働く皆さんにおすすめな理由を確認していきたいと思います。

IT特化型の最大手

ご存知の方も多いかと思いますが、レバテックキャリアはエンジニアやクリエイターなどIT業界に特化したエージェントです。

IT業界を専門としたキャリアアドバイザーにはSE経験者なども多く業界のことをよく知るアドバイザーと面談できるのは魅力的なポイントでしょう。

また、そうした特化型のエージェントの中でも老舗であり、転職仲介の実績なども非常に多くなっています。

マッチングが心強い

レバテックキャリアのもう一つの特徴は、求人を掲載する企業と綿密に連絡を取っているリクルーティングアドバイザーの存在です。彼らは直接、会社に赴き、人事担当者にヒアリングを行っています。

ただ、機械的に求められているプログラミングスキルなどで求人を紹介するのではなくて、企業の求めている人物像といったより綿密なマッチングを実現しているのです。

ですから、レバテックキャリアを通じて紹介された案件は面接を突破し、転職成功となる可能性が高いと言われています。

他のエージェントを利用するよりもスムーズに転職を勧められる可能性が高いと言えるでしょう。

遅い時間にも利用できるサポート

現在の仕事がブラックだという方にとっては平日のお昼に転職エージェントを利用できるはずがないという方も多いでしょう。

レバテックキャリアでは平日の夜や土曜などにも、カウンセリングを利用できたり、セミナーが開講されていたりします。

今の仕事がブラックで時間がない方でも利用しやすい転職エージェントということです。

ブラック企業に転職することを避けるためのチェックポイント

それでは、どのようにしたらブラック企業を避けて転職できるのかという本題に入っていきましょう。

キャリアアドバイザーを活用しよう

キャリアアドバイザーは求人を提示している企業が会社の規模に対して頻繁に求人を掲示しているかどうかなど、ブラック企業らしい特徴を一番よく知っている人物です。

また、レバテックキャリアでは実際に会社を訪れたことのあるリクルーティングアドバイザーもいます。いわゆる体育会系の雰囲気の会社かどうかなんてことも知っているわけです。

もちろん、アドバイザー側も転職件数を増やしたいという気持ちがあり、全員が快く求人掲載企業の実情を教えてくれるとも限りません。しかし、彼らは転職支援を好んでその仕事をしているわけですから親身になって、色々な耳寄り情報を流してくれるかもしれません。

たとえ、情報を流してくれなくとも、同じ職種の求人を頻繁に出すような企業の紹介はやめてくださいと頼めばブラック企業を避けられる可能性も高まるでしょう。

キャリアアップも手段のひとつ

どうしても下流SEであると納期前の残業などは仕方ない部分がありますよね。つまりはどんな会社に転職してもある程度、残業と向き合わなくてはいけないということになってしまうことも多いでしょう。

ですから、社内SEやプロジェクトマネージャーなどキャリアアップを目指すことでよりよい労働環境を目指すというのもひとつの手段でしょう。

つまり、管理職に近い仕事に転職することでブラックをさけるということです。

そうした、SEの経験を生かしたキャリアアップを目指しやすいのも特化型のレバテックキャリアだからこそです。

雇用契約書をしっかり読もう

正直これだけ徹底すれば問題ないのですが、雇用契約書を見るタイミングは遅くなりますから、上記の二つを駆使してまずはブラックの可能性を下げておくことも非常に大事です。

雇用契約書とは、労働条件が事細かに記載されたものになります。気を付けたいポイントは、試用期間が異様に長くとられていないか、退職条件は十分なものかという二点です。

試用期間が長いということは、正規の給与を払わない時期を長くとろうとしているということです。退職条件が簡素なものになっていればそれだけ、退職を前提とした制度設計をしているということになります。

どちらもブラック企業の特徴と言えるでしょう。要注意です。

レバテックキャリアを活用して転職を成功させよう

レバテックキャリアがブラック企業を避けて、そしてIT業界での転職を目指す人におすすめな理由は十分、お分かりいただけたでしょう。

レバテックキャリアを有効的に利用して、みなさんがもっと労働環境のよい職場に転職できることを願っています。

関連する他の記事

Ruby経験者向けの求人情報からみるIT業界の転職情報
転職を考えるRubyのプログラマー・エンジニア向け求人の特徴をご説明します。また、Rubyのプログラマー・…
レバテックキャリアのアドバイザーを利用して受かる職務経歴書を書こう
転職を成功させる鍵となる職務経歴書。書類選考としても評価されるものですが、面接時も経歴書を元に質問…
大泉洋のCMで話題!リクナビNEXTのサービス内容とは?
大泉洋さんのCMでリクナビNEXTが注目を集めいています。今回は、リクナビNEXTが他社の転職サイトと何が違…
転職エージェントを活用したITエンジニアの転職活動の特徴・流れ
ITエンジニアの価値は、転職市場全体から見ても高いです。しかし、企業に自分の価値をうまく売り込めるか…
pagetop