セールスエンジニアへの転職に有利になる資格を紹介

TOP > セールスエンジニアの転職 > セールスエンジニアへの転職に有利になるために必要な資格や能力はなに?

セールスエンジニアへの転職に有利になるために必要な資格や能力はなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィスの机の上に置かれたノートパソコン

セールスエンジニアに転職するために必要な資格は、プログラミングなどの専門分野のものに加えて、コミュニケーションを必要とした営業やマネジメント能力が必要になります。

今回はセールスエンジニアになるために資格は必須なのかと転職の際に有利なスキルを解説していきます。

セールスエンジニアに転職するために必須の能力は?

セールスエンジニアになるためには幅広いIT知識とセールススキルが必要ですが、転職するために必ず取得しなければならない資格はありません。

ただ、取得しておけば有利になります。

また、実際に転職した場合でも、営業の際も信頼性が上がるので、より業務をスムーズに進めることもできます。

時間があるのでしたら、営業関係のスキルを取得しましょう。

営業スキルがあると便利

セールスエンジニアは、プログラミングといった専門的な知識だけでなく、営業に関連したスキルも必要不可欠です。

スキルとは言わないまでも、身だしなみやビジネスマナーといったものをきちんと身につけておく必要があります。

営業経験をしているのでしたら問題はありませんが、実務経験がない場合は営業に関するスキルを取得したほうが転職で有利になります。


セールスエンジニアを目指す時に便利なプログラミング資格

セールスエンジニアに転職する際に有利になるプログラミング資格は大きく分けて3つあります。

どういったものがあるのか解説していきます。

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験はIT業界全般で使える

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験は、経済産業省に認可されている国家資格です。

ITにおける幅広い知識を問われるので、セールスエンジニアを目指す人だけでなく、IT業界に務める方にとっては取得しておいて絶対に損はないです。

過去問がWEB上にあるので、気軽に勉強を始めることができるので、ITの業種を問わず1番最初に取得するスキルとして有名です。

すでに業務を数年経験している方からしたら基本情報技術者試験は難易度もそこまで高くありません。

応用情報技術者は基本情報技術者がなくても取得することができるので、すでに実務をある程度経験している方は時間を短縮するために高度な専門知識を必要とする応用情報技術者試験から取得してしまいましょう。

ITストラテジスト資格はセールスエンジニアに必要なスキル

ITストラテジストは経済産業省が認可する国家資格です。

ITの知識を基に、コンサルタントを通じて顧客の業務やサービスを改善することが可能になります。

専門的なITの知識に加えて、経営知識などもある程度備わっていなければなりません。

ITと経営知識を結びつけるため幅広い知識と能力は、セールスエンジニアに転職したい方には必要な知識です。

ベンダー系の資格を取得しておくと転職に有利

セールスエンジニアは自社の製品を的確に説明し、時には高度な専門知識も必要となるので、転職先の製品に合ったベンダー系を取得しておくと有利になります。

幅広く求人を見ているのでしたら、有名なJavaやORACLEといったベンダー系を取得しておけばいいでしょう。

プラグラミング系以外にもセールスに関する資格もオススメ

セールスエンジニアの転職の際は、IT関連以外にもビジネススキルなどを取得しておくと便利です。

営業関連のビジネススキルでオススメなものは2つあります。

セールススキル検定を持っていれば経験がなくても大丈夫

個人の営業スキルを図るための資格にセールススキル検定というものがあります。

特定非営利活動法人のセールコーチング協会が実施する検定となっており、取得するには営業を行うための全般的なスキルを持っていなければなりません。

また、スキルだけでなく、身だしなみやビジネスマナーといったビジネスマンとしての個人能力も試されます。

セールススキル検定を持っていれば、営業スキルが一定の基準を超えているということですので、セールスエンジニアへの転職の際も有利になります。

営業の経験がない方は取得しましょう。

幅広い知識を持っているならプロジェクトマネージャー資格を取得しよう

プロジェクトマネージャーは、国際的プロジェクトマネジメント団体であるPMIが認定している国際資格です。

計画立案や予算、納期といったプロジェクトをマネジメントするための基本的な能力が必要なスキルですので、営業についての知識だけでなく、経営や戦略についての幅広い知識が必要になります。

ですので、セールスエンジニアだけでなく幅広い業種への転職にも有利になります。

セールスエンジニアへの転職で有利になるにはIT専門資格以外にセールススキルが必要

セールスエンジニアに転職するために必要な資格はありません。

ただ、ITストラテジストや、企業の製品に合ったベンダー系などを取得したほうが転職の際は有利になります。

また、セールスエンジニアにはIT関係のスキル以外にも、営業関係のスキルも必要になるので、セールススキルやプロジェクトマネジメントといった IT以外の営業や経営に関するスキルも身につけておいたほうがいいでしょう。

関連する他の記事

リクナビNEXTで見るゲームプログラマー求人
一口にゲーム作りと言っても、ゲームのテーマやシナリオを考えるゲームクリエイターや、キャラクターや背…
未経験からゲームプログラマーになると感じるきついことTOP3
未経験からゲームプログラマーになると感じるきついこと。きついことだけじゃない!楽しいポイントを紹介…
受かる自己PRを書こう!SE転職の際に抑えるポイント
現在の職場・給料に不満があるので、SEに転職したい!そんなあなたのために人事が魅力的に感じる自己PRに…
ネットでよく見るレバテックキャリアの口コミを調査!
レバテックキャリアの利用を考えている転職希望者のために、ネットや巷での口コミを徹底研究!転職エージ…
pagetop