フリーランスエンジニアに英語力は必要か?

TOP > フリーランスのスキル別ガイド > フリーランスエンジニアに英語力は必要?TOEIC何点あればいい?

フリーランスエンジニアに英語力は必要?TOEIC何点あればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスエンジニアに英語力は必要?

フリーランスエンジニアはプログラミング言語を扱えて、顧客の求めるWeb・アプリサービスを構築できれば仕事を獲得していけるのでしょうか。

実は国際化が進む今のIT業界では、英語力を重視する企業も増えてきています。

ここでは、IT業界の現状や英語力を身につけることで得られるメリット、英語学習法についてわかりやすく説明していきます。

現時点では英語力を必要としていないフリーランスエンジニアもこちらを参考に考えてみてください。

フリーランスエンジニア業界の現状と将来

日本人だけの職場環境であれば、英語力がなくても仕事ができるかもしれません。しかし、そうも言っていられない時代になってきています。

ここでは、IT業界を取り巻く環境について見ていきましょう。

IT業界の最前線は英語圏

IT業界では、新しい技術が生み出されては日々進化し続けています。そのため、一流のエンジニアは最新の情報を常にチェックして知識を磨くことに余念がありません。

IT技術の最前線は英語圏ですから、最新技術に関する文献は当然英語で書かれています。英語の書籍やウェブサイトの情報を得るためには、それを解読できるレベルの英語力が必要です。

流行の技術であれば、日本語に翻訳された書籍がたくさんありますし、日本人が書いたサイトも見つかるため不都合はないでしょう。

しかし、他のフリーランスエンジニアと差をつけるには、今は主流ではない最新技術を先駆けて習得することが重要です。

日本語しかできない場合は英語ができるエンジニアに遅れを取り、仕事を奪われてしまう可能性があるでしょう。

世界規模の市場

IT業界ではインターネットを介して提供するサービスがメインであり、国内外問わずさまざまな人に情報を届けています。そのため、将来的には海外展開を計画しているIT企業も多いようです。

あるいは、すでに海外進出をしており、複数の支社を海外に持っている企業もあります。今後もますますグローバル化が進むものと考えられ、エンジニア本来のスキルに加えて英語力が備わっている人材は、多くの企業で必要とされることでしょう。

職場環境の国際化

同じ案件で働くエンジニアは、日本人だけとは限りません。海外のエンジニアを積極的に採用している企業もたくさんあります。

例えば、楽天では外国籍の社員の比率は2割強、つまり5人に1人は外国人という状況です。社内公用語を英語とし、メールなど社内のコミュニケーションは英語が基本です。

今は日本人のみを相手にしていても、今後外国人が担当者になることも十分考えられます。英語ができれば、そんな状況でも落ち着いていつも通り業務に取り組めるでしょう。

フリーランスにも英語力を求める企業求人が増加

求人情報・転職サイトdoda(デューダ)が調査した、英語力に関するデータがあります。

IT関連企業と社内SEの2分野で統計を取り、英語力を採用条件としている企業求人の割合を表しています。

・IT関連企業

  • 「上級」の英語力を求めている9.2%
  • 「中級」の英語力を求めている8.4%
  • 「下級」の英語力を求めている1.4%

・社内ITエンジニア

  • 「上級」の英語力を求めている20%
  • 「中級」の英語力を求めている18%
  • 「下級」の英語力を求めている2%

※上級=TOEIC800点レベル、中級=TOEIC600点レベル、下級=600点以下

この結果を見ると、英語力の必要性は明らかでしょう。IT関連企業の合計が19%、社内SEでは40%と英語力がなければ求人に応募することすら難しくなるのです。

フリーランスエンジニアも同様で、英語力を求める求人の割合は、年々増加する傾向にあります。つまり、英語力があれば求人の選択肢も広がり、より良い条件で働けるということです。

エンジニアが英語力を身につける方法

プログラムを扱うエンジニアは、英語に対する拒否反応が少ないと考えられます。プログラミング言語の命令には英単語を使いますし、変数名に英単語を組み合わせることも多いからです。

日本人は特に英語に苦手意識を感じやすいので、エンジニアという職種はある意味メリットなのかもしれません。フリーランスエンジニアが英語力を高めるには、どのような方法があるのでしょうか?

隙間時間にできる手軽な勉強法

通勤時間や休憩などのちょっとした時間を利用して、気軽に英語を学べる方法を紹介します。無料またはリーズナブルな料金なので、金銭面でも安心です。

ポッドキャストを聞く

リスニング力を養うのに、ポッドキャストはおすすめです。英語学習者向けに無料で提供されているものもあり、隙間時間を利用して気軽に勉強できます。

動画のように映像を見るわけではないため、歩きながら移動するときや何か作業をしながらBGMの代わりにするなど取り入れやすいのが特徴です。

また、自分の興味分野に関するネイティブスピーカーのポッドキャストを選べば、楽しく英語学習を続けられるでしょう。

TOEIC学習用アプリで勉強

英語学習用のアプリにはさまざまなものがあり、目的に合わせて使い分けができます。英検やTOEICなどの資格対策から、英単語をクイズ形式で覚えるもの、よく使うフレーズを集めたものまでとにかく幅広いラインナップです。

英語初心者におすすめなのがDuolingoというアプリで、単語・文法・リスニング・ライティングといった基本スキルをバランスよく学習できます。スマホさえあれば、他に特別なものが必要ない点もアプリのメリットです。

趣味を活かした勉強法

言語の習得は、数日といった短期間で身につくものではありません。あきらめずに継続して取り組むことが大切です。自分の好きなものなら、楽しみながら続けられるでしょう。

海外ドラマを見る

Netflix (ネットフリックス)などの定額制の動画配信サービスが身近になり、海外ドラマにハマっている人も多いのではないでしょうか。今まで日本語吹き替え版で視聴していたのなら、ぜひオリジナルの音声で視聴してみましょう。ネイティブが日常使っている会話を何度も聞くうちに耳が慣れてきて、聞き取れる言葉が増えていきます。Netflixなら英語表示の字幕にも対応しており、聞き取れなかった言葉を文字で確認することもできます。

ゲームや漫画

ゲーム好きのエンジニアも多いことでしょう。海外のゲームなどエンターテイメント性のあるものなら自然と英語を学べますし、飽きずに楽しく続けられます。他にも、アニメや漫画で英語を学ぶという方法もあります。子供向けのアニメなら、難しい単語が出てこないので理解しやすいでしょう。

英語が飛び交う職場で働く

外資系だけではなく、日本のベンチャー企業にも外国人を積極的に採用しているところがあります。そういった企業でエンジニアとして働きながら、現場で使う英語を実践的に身につけるという方法も考えられます。趣味とは違いますが仕事だから安易に逃げることはできませんし、必要に迫られてコミュニケーションを取るうちに次第に英語が身についていきます。

フリーランスで高単価を目指すなら英語力は必須

公開求人数常時5,000件以上対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉
非公開求人4,500件以上(90%)職種全職種
強い業界-設立1996年11月20日

ワンランク上を目指すフリーランスエンジニアにとって、英語は習得しておいて損はありません。将来にわたって継続して仕事を獲得するためにも、必要なスキルであると言えます。

より良い条件で働ける機会も増えますし、収入アップにも繋がることでしょう。楽しみながら英語を学べる方法もたくさんありますので、自分に合った学習法を選んでみてください。

関連する他の記事

SIerからWeb系に転職できるの?Web系エンジニアに必要なスキルとは
近年、SIerからWeb系への転職の意識が高まってきています。しかし「転職できるだろうか」といった不安も…
SE転職に強いのはどれだ!IT専門の転職エージェントを徹底調査
SEが転職をするならどのエージェントを利用すべきか?IT・Web業界に強い転職エージェントを3つ紹介!自分…
大手で年収アップを狙え!プログラマーの転職事情
プログラマーとして中小企業に勤務していながら、仕事が大変で割に合わないため、大手企業への転職を考え…
ITコンサルタントの志望動機で抑えておきたい3つのポイント
ITコンサルタントへ転職を志望するとき、履歴書やエントリーシートの志望動機欄に何を書けばいいのでしょ…
pagetop